2017年1月25日 (水)

雪の京都へ行こう(5)   まずは金閣寺へ(4)

突然雪が降ってきた。この後晴れたり、曇ったり・・

2017/1/16撮影                  金閣・鹿苑寺
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005

秋もなかなかいいなぁ~   2015/11/25撮影
Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年1月24日 (火)

雪の京都へ行こう(4)   まずは金閣寺へ(3)

一つ残念だったのは池が先に凍ってしまい、建物が
水面に映らなかったことです。次回また来なさいとゆうことでしょうか・・



2017/1/16撮影    裏側は凍っていません。    金閣・鹿苑寺
Conv0001_2

ベストなのは雪が積もった翌日,朝から晴れて青空で、池は凍らずに無風状態だそうです。
これは金閣寺内に飾ってあったA3ノビほどの写真・・・・これを見てみんな集まるのかな・・
Conv0001


Conv0002

外国の観光客が驚くのは、純金張りはもちろん建物の大きさだそうです。
ミニチュアサイズだと思っていたようです。・・・タクシーの運転手さん曰く・・

Conv0003


Conv0005



Conv0006


Conv0004


Conv0008

2017年1月23日 (月)

雪の京都へ行こう(3)   まずは金閣寺へ(2)

この日は曇り空だったが突然晴れたり、雪が降ったりで、京都によくある
時雨にほんろうされる。  そのお陰でいろんな状況の写真が撮れた。

今日の写真は何点か加工しています。

2017/1/16撮影                        金閣・鹿苑寺
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年1月22日 (日)

雪の京都へ行こう(2)   まずは金閣寺へ(1)

雪の為、30分遅れの9時半に京都駅に着いた。
京都駅周辺は雪がほとんど解けてしまっていたので、焦ってタクシーで
金閣寺に直行した。 写真の通り念願の雪の金閣寺に出会えた。
嬉しくて2時間ほどゆっくりと撮影することができた。



2017/1/16撮影                   金閣・鹿苑寺
Conv0001


Conv0002


Conv0004


Conv0003


Conv0005

とにかく人の多さには驚いた。昨年の紅葉時期とほとんど同じ混雑さだ。
年間200万人(一日5千人)になるらしい。外人が9割だろうか・・・
Conv0006


Conv0007


Conv0008

この黄金に輝く建物はとにかく凄いの一言・・・人が押し寄せるのがよく分かる。
Conv0009

2017年1月21日 (土)

雪の京都へ行こう   車窓からの眺め

14-15日京都に大雪が降ったので翌日16日に急遽京都行きを決めた。
朝、新横浜駅発7時7分発の新幹線で出発する。

窓から見える風景は大好きで、電車から降りるまで子供のように、
変わりゆく風景を眺めている。更に写真も沢山撮る。

2017/1/16撮影 見えてる煙突は12月に近くまで行って撮った富士市のパルプ工場。
Conv0001

名古屋付近はまだ雪が無いが・・
Conv0002

関ケ原に近づくと、雪が段々多くなってきた。
Conv0003


Conv0004

この雪の量は半端じゃない。
Conv0005

東北新幹線に乗っているような風景に変わってきた。
Conv0007_2


Conv0008


Conv0009

この分では京都も期待が持てそうでワクワクしていたが・・
Conv0010

京都に近づくと雪が激減して少し焦るが・・果たして・・
Conv0011

2017年1月20日 (金)

散歩の終わりは湯島聖堂  とにかく建物が個性的

ここは説明がとても難しいのでHPから引用する。

徳川五代将軍綱吉は儒学の振興を図るため、元禄3年(1690)湯島の地に聖堂を創建して上野忍岡の林家私邸にあった廟殿と林家の家塾をここに移しました。これが現在の湯島聖堂の始まりです。その後、およそ100年を経た寛政9年(1797)幕府直轄学校として、世に名高い「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」を開設しました。

この前の道は何回も歩いているが、中に入ったのは今回が初めてで、
神田明神とは全く対照な落ち着く色合いだ。

2017/1/17撮影                     湯島・文京区
Conv0001_2


Conv0002_2

大成殿の屋根は、入母屋造の銅本丸茸で、大横の両端には魔除けの
青銅製 鬼犾頭が、下り棟と隅棟には 鬼竜子が置いてある。
Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0007_3


Conv0008_2

孔子銅像
Conv0009_2

狼狽が咲き始めていた。
Conv0010_2

御茶ノ水駅から帰宅
Conv0011_2

2017年1月19日 (木)

神田明神   ここの神田祭りは凄い

『神田明神』は、一ノ宮に「大己貴命(オオナムチノミコト、だいこく様)」「二ノ宮に少彦名命(スクナヒコナノミコト、えびす様」「三ノ宮に平将門命(タイラノマサカドノミコト、まさかど様」の3柱が、御祭神として祀られています。・・・・と書かれている。

神田祭りは京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に日本の三大祭りの一つにも数えられる。
このお祭りを撮りたいが、凄すぎていつも行く勇気が出ない。

2017/1/17撮影                     文京区・湯島
Conv0001

楼門の 内側には将門公の象徴とも言える、白い馬の銅像がある。
Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0007

神馬もいます。
Conv0008


Conv0009

入口角にある甘酒の天野屋は有名。今まで飲んだ甘酒ではここが一番うまいが、
もっと濃くて甘いお袋の作った甘酒の方が数倍美味かった。

Conv0010

2017年1月18日 (水)

湯島天神     梅が少し咲き始めていました。

17日、御茶ノ水で用事が終わったあと、近くにある湯島天神➡神田明神➡湯島聖堂
の三ヶ所をお参りしました。約1万2千歩の散歩です。

ここ湯島天神は菅原道真公を祀る学問の神様だが、梅も有名で、
まだ早いようだが何本か咲いていました。


2017/1/17撮影                     文京区・湯島
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

狭い敷地に出店が多くてガッカリした。
Conv0008


Conv0009

2017年1月17日 (火)

正月旅行(6)   野鳥の森公園の氷アート(3)

このところ富士山の山梨県寄りや京都に大雪が降った。

雪大好き人間としては家でじっとしてはいられない。

そこで12日に富士山一周と16日に雪の京都に行ってきた。



2016/1/6撮影                  野鳥の森公園        
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0007_2


Conv0008_3


Conv0009_2

2017年1月16日 (月)

正月旅行(5)   野鳥の森公園の氷アート(2)

冬は野鳥公園が樹氷公園に変身


2016/1/6撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0007


Conv0008


Conv0009

2017年1月15日 (日)

正月旅行(4)   野鳥の森公園の氷アート

富士五湖の一つの西湖の近くに「野鳥の森公園」がる。
冬季は水を凍らせて氷アートを作っているが、これがなかなか面白い。


2017/1/6撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0007


Conv0001_2

2017年1月14日 (土)

正月旅行(3)    伊豆から富士五湖

精進湖の日の出。

6日は精進湖を見下ろすホテルで朝を迎える。


2017/1/6撮影     AM 6:59  
Conv0001_2


Conv0002_3

AM7:16   この日もカメラマンが50人ほど集まってきた。
Conv0003

AM7:17: 日の出
Conv0004

AM7:20 日の出
Conv0005


Conv0006

AM8:50 部屋から精進湖と富士山が見える大好きな定宿の
山田屋ホテルは今回で5度目。
Conv0007

PM4:37
Conv0008


Conv0009

2017年1月13日 (金)

正月旅行(2)    伊豆から富士五湖

伊豆では稲取温泉に泊まる。
正月は家族旅行なので写真はほとんど撮っていない。

2017/1/5     稲取港
Conv0001

1m以上ある巨大な石に穴を開けてある、おもしろい物を見つけた。
Conv0002_2

今の舫い杭の役目をしていただろう。
Conv0001

稲取の隣の河津は早咲きの河津桜(2月ごろ)で有名だが、正月から咲く
「河津正月桜」が早くも咲いていた。
Conv0002


Conv0003


Conv0004

伊豆は日本有数なワサビの大生産地
Conv0005

道路沿いのワサビ田で植え替え作業をしていた。
Conv0007


Conv0008

2017年1月12日 (木)

正月旅行    伊豆から富士五湖

正月は毎年信州の雪の中で過ごしていましたが、最近は歳には勝てず、

今年の正月は暖かい伊豆と、帰りが楽な富士山周辺にしました。



2017/1/4撮影   熱海の旅館      伊豆に向かう途中の熱海周辺
Conv0001_2

熱海城
Conv0001

熱海の別荘地
Conv0002

海辺の公園で
Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0008


Conv0007

2017年1月11日 (水)

岳南電車  本吉原の蔦の紅葉

今回は鉄道そのものは撮る予定はなかったが、
本吉原駅の蔦の紅葉には驚いた。
ここだけは時間を掛けて撮影する価値があった。



2016/12/10撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0001_2


Conv0007


Conv0008


Conv0009

2017年1月10日 (火)

製紙工場     岳南電車周辺

岳南電車周辺には製紙工場が沢山ある。
その工場内部の撮影はほとんどできないが、1ヶ所だけ工場内に運び込む前の
野積みした大量の紙類を見つけた。許可を得て撮らせて頂いた。

2016/12/10撮影                    
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年1月 9日 (月)

工場萌え(4)   岳南電車と工場

2016/12/10撮影                                             富士市・静岡県
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0001_3


2017年1月 8日 (日)

工場萌え(3)   岳南電車と工場

同じ富士市内の岳南電車は今回で3度目。
ノンビリ走る電車だから車窓からも工場が簡単に撮れるのがいい。


2016/12/10撮影                     富士市・静岡県
Conv0001


Conv0002

車窓より
Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年1月 7日 (土)

工場萌え(2)   富士市

富士山がバックに入る工場や、夜間に行きたい工場なども、見つけることができました。
次回の参考になります。



2016/12/10撮影                     富士市・静岡県
Conv0004


Conv0005


Conv0008


Conv0007_2


Conv0010


Conv0003


Conv0002

2017年1月 6日 (金)

工場萌え   富士市

富士市のパルプ工場がいつも気になっていたので、
写友3名で岳南電車周辺の撮影を兼ねて行ってみました。
至近距離で撮れる工場を探すのが大変でしたが、数か所見つけました。

2016/12/10撮影                    静岡県・富士市
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006

2017年1月 5日 (木)

富士山一周 (3)

素晴らしい年末の富士山一周でした。
自宅から車で約2時間 今年は何回富士山に来られるだろうか。

2016/12/24撮影          朝霧高原道の駅
Conv0002_2

白糸の滝
Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0008_2


Conv0007_2


Conv0009


Conv0010

2017年1月 4日 (水)

富士山一周 (2)

この日は珍しく一日中雲の少ない富士山が見えました。

写真の良し悪しはともかく、目の前の富士山だけで大満足です。

2016/12/24撮影      山中湖畔
Conv0001


Conv0002


Conv0003

河口湖
Conv0004

西湖
Conv0005


Conv0006

本栖湖
Conv0007


Conv0008

2017年1月 3日 (火)

富士山一周

年末恒例の富士山一周

やはり一年の締めくくりは富士山を近くで見たくなる。
この日も、全国から多数のカメラマンが集まっていた。
残念だが雪の無い忍野八海になってしまった。



2016/12/24撮影    忍野八海
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006

2017年1月 2日 (月)

今年の初CDは火の玉女性ベーシストを聴く

新年初CDは火の出るようなジャズ

暮れに買ったCDの中でダントツに良かったのがこのピアノトリオ。
リーダーは女性ベーシストのジューリア・ヴァレの新作ライブ盤
ピアノのマルコ・メスキーダの段々と盛り上げる演奏は一番の聞きどころ。
さらにヴァレのベースがボンボンと強力なリズムを刻む。
その姿はも~たまらなくカッコいいのだ。 ただこのジャケは頂けない。
Conv0001_3

YOU TUBEでジューリア・ヴァルのカッコいいライブの様子が観れる。
https://youtu.be/7DEDu3lHQ1M

このCDはジャケットは良いが内容はペケだ。
Conv0002_3

2017年1月 1日 (日)

平成29年 元旦

謹賀新年  酉年

       今年もよろしくお願い致します。


Conv0001_3

長野県大岡村から北アルプスの鹿島槍ヶ岳・五竜岳を望む。
2015/3/27撮影


初日の出  今日 朝7:15  横浜
Conv0001


初富士  今日 朝7:33  横浜
Conv0002


初夕日  今日 夕方17;16  月は下に移動  横浜
Conv0001_4

2016年12月31日 (土)

お気に入りのジャズのCD  そして最良の年であった。  

今夜は紅白歌合戦とか、幼稚園の学芸会のようになってからは、まったく観なくなった。
人それぞれの年越しの方法があるが、 今夜は徹夜でジャズを聴こう。
12時には近所の寺の除夜の鐘と横浜港に停泊中の一斉の汽笛が聞こえる。
今年を振り返ると家族、旅、写真、釣り、ジャズとすべてが最良の年であった。

残念だったこともある。体調が悪かったこと。これは歳だから容認しょう。
年末宝くじ10億円は買いそびれたが、これも当たる確率から言って残念がる
ほどではない。
大体思い通りの一年でもあったことに感謝感謝。

2016/12月購入

最近買ったこの10枚も愛聴盤になりつつある。

女性シンガー/トランペッター、ブリア・スコンバーグの作品。
こんな上手い女性のトランペッターがいたとは知らなかった。.
ボーカルよりペットの方が良い。ジャケ買いで大当たりだった一枚。
Conv0001_4


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_4


Conv0005_4


Conv0006_5


Conv0007_2


Conv0008_2


Conv0009_2


Conv0010_2

2016年12月30日 (金)

お気に入りのジャズのCD

今年もあと二日間、 やはり二日間はジャズをたっぷり聴きたい。

今年買ったCDを整理して、気になるものを一枚でも多く聴いてみよう。



2016/11-12月購入

これはダリの作品「燃えるキリン」のパロディだが、よくできている。
キリンが虹に変わっている。本当にこのジャケットには驚いた。
内容は意に反して、バリバリのハードバップで聴きやすい。
Conv0001

はじめは誰の写真だか分らなかったが、よく見るとダリと写真家のマン・レイの若い頃の
写真だった。好きなトランペッターのデイヴ・ダグラスの作品である。
フリージャズのジョン・ゾーンのマサダで活躍した彼らしいジャケットだ。
Conv0002
以下8枚はジャケットも内容も素晴らしい。

Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年12月29日 (木)

表参道 イルミネーション

2016/12/19撮影                                          東京・表参道
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0006_3


Conv0005_2


Conv0004_3



2016年12月28日 (水)

暇な爺の一人旅(16)   奈良の紅葉(談山神社)

残念ながら、紅葉は終わりかけだったが、それよりも念願の十三重塔に
会うことができて感激です。 なんでこんなのを作ったのか・・?
想像以上に大きいものや、変わったものは人を圧倒する。
京都から往復で3時間以上かかるから、やはり遠い。

今回の旅ではブログには載せなかったが、滋賀の石山寺や京都の詩仙堂も訪れた。

2016/11/28撮影                        奈良県・桜井市
Conv0001_3


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_2


Conv0005_3


Conv0006_2


Conv0007_3


Conv0008_2

2016年12月27日 (火)

東京ドーム イルミネーション

2016/12/19撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年12月26日 (月)

暇な爺の一人旅(15) 滋賀の小さなお寺の日本一の紅葉(3)

もし紅葉の絵を描くなら、こんな色合いが丁度良いと思う。
そして訪れる方が、これ以上増えないことを願っています。


2016/12/1撮影                          滋賀県
Conv0021


Conv0022


Conv0023


Conv0024


Conv0025


Conv0026


Conv0027


Conv0028


Conv0029


Conv0030

«暇な爺の一人旅(14) 滋賀の小さなお寺の日本一の紅葉(2)

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント