2017年2月27日 (月)

横浜スケッチ(16)  元町(3) 10秒の手持ちで撮れるなんて

雑誌フォトコン2月号で紹介していたが、凄い新しいカメラが出たようだ。 
オリンパスOM-D E-M1 MarkII と新レンズED 12-100mm F4.0 IS PRO
(レンズも手振れ防止付き)の組み合わせで10秒の手持ち撮影ができるなんて
・・・夢のような時代。(しかもISO200)

昨日までパシフィコ横浜でCP+が開催されていたが、買う予定の物が
なかったので行かなかったが,やたらと気になるカメラである。
オリンパスは既に5台持っているので、中々難しい・・・のだ。


2017/02/14撮影                     元町・横浜
Conv0015


Conv0016


Conv0017


Conv0018


Conv0019


Conv0020


Conv0021

2017年2月26日 (日)

横浜スケッチ(15)  元町(2)

ハイカラな元町に比べ隣の石川町はドロドロの下町。


2017/02/15撮影                     元町・石川町 横浜市
Conv0008


Conv0009


Conv0011


Conv0010


Conv0012


Conv0013


Conv0014

2017年2月25日 (土)

横浜スケッチ(14)  元町

中華街に行ったついでに、お隣の元町・石川町を歩いてみた。
獲物はいるかな~と、とりあえず歩きながらのスナップだが、
面白いものになかなか出会わない。B級クラスの写真ばかりだったが、
歩数計が1万歩を超えているのを見ると、何となくこの日は納得してしまう。




2017/02/14撮影                     元町・石川町 横浜市
Conv0001


Conv0002


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0001_2


Conv0007

2017年2月24日 (金)

開成町  瀬戸屋敷のひな祭り

15日に続き18日にも写友と再度4ヶ所訪れた。

瀬戸屋敷は、江戸時代の名主を代々つとめた瀬戸家のお屋敷です。
アジサイ祭りなどイベントの中心的な役割をしている。
何千体もの雛人形の飾りつけは圧巻です。

2017/02/18撮影                      開成町・神奈川
Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0014


Conv0013


Conv0016

数ある中で、この人間ぽい顔が一番よかった。
Conv0015


Conv0017


Conv0018




2017年2月23日 (木)

曾我の梅林  白梅は終わりでしたが紅梅は綺麗でした。

別所梅林 (他にも原梅林、中河原梅林と続いて3か所の広大な梅林がある)

桜と同じで、ここの白梅も2週間早かったよですが、沢山ある紅梅の枝垂れは
満開でした。それだけでも満足です。自然のいたずらには、かないません。
梅漬けの梅は毎年ここに買いに来ます。



2017/02/15撮影    白梅は終わっていましたが、紅梅もそろそろ終わりでしょう。
梅まつりが3月5日までですが、どうしましょうか・・?                                                                             小田原市・神奈川県
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

祭会場の舞台では郷土芸能が沢山披露されていました。
Conv0008


Conv0009

2017年2月22日 (水)

松田町     ロウバイ祭り

寄(よりい)地区
ピークは終わっていたようだが、まだ充分咲いていた。
ほんのりいい香りが漂う中の斜面を歩くのも足腰アップに良い。



2017/02/15撮影                    松田町(寄)・神奈川県
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2

黒い実は種
Conv0007_2


Conv0009_2

2017年2月21日 (火)

松田町   河津桜と富士山

東名高速の大井松田ICを降りて30分以内に(まつだ桜まつり)・(松田ロウバイ祭り)
(曾我の梅林の梅まつり)・(開成町瀬戸屋敷のひな祭り)と4ヶ所の催しがあり
一日で全部寄ってみた。 自宅から1時間半の距離だから6時には帰宅ができた。

今年は3週間も早かったと案内人が嘆いていた。確かに昨年は22日に来て
満開だったので、ほぼ終わりかけだったのでビックリした。


2017/02/15撮影                       松田町・神奈川県
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004

菜の花はほぼ全滅。年々悪くなってゆく。
Conv0005


Conv0006

桜の木が山の斜面にあるので、メジロは目線の高さで簡単に撮れる。
Conv0007


Conv0008_2

ミニSLも走っている。
Conv0009


小田原城と相模湾が見える。
Conv0010

2017年2月20日 (月)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ(9) 鬼無里・戸隠

鬼無里(きなさ)集落と戸隠連山(裏側は新潟県)

昔訪れた鬼無里奥裾花自然園の水芭蕉は見事でした。

戸隠は相変わらず雪深く、今週も降っているようだ。


2017/02/03                                                 鬼無里・戸隠・信州
Conv0010

この影は凄い
Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0016

戸隠神社中社入口  あまりにも雪が多くて入らなかった。
Conv0017

戸隠神社奥社入口
Conv0018

2017年2月19日 (日)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ(8)  小川村(3)

小川村にはアルプス展望台が4ヶ所ほどある。
その一つがここの「星と緑のロマン館」だが、今回は雲の中でした。


2017/02/03撮影                   小川村・信州
Conv0001

五竜岳
Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006



Conv0001
天気が良ければ北アルプスのほとんど見える。 2015/02/18撮影
Conv0001_2



Conv0008

2017年2月18日 (土)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ(7)  小川村(2)

宝珠山高山寺とおやき村

高山寺の創建は大同3年(808)坂上田村麻呂が戦勝祈願のため観音堂を建立し
弘法大師が自ら彫り込んだ聖観音像を安置したのが始まりと伝えられています。


2017/2/3撮影                      小川村・信州
Conv0008_3

高山寺鐘楼門(天明6年)入母屋、銅板葺、四脚楼門-小川村指定文化財
Conv0010_2


Conv0011_2


Conv0012_2

北信州唯一の三重塔で長野県内に存在する12塔中最古のものとして県宝に指定されています。
Conv0013_2

小川の庄おやき村  今回寄ってみたが休みでした。
とにかく、今まで食べた内で一番美味しい。
持ち帰りの冷凍品も味が変わらない。時々通販で買っている。
年間売り上げ4億円とか・・納得
Conv0002_2


Conv0003_2

2017年2月17日 (金)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ(6)   小川村(1)

リンゴの木とその影が非常に面白い風景になっている。

2017/2/3撮影                    小川村・信州
Conv0001_2



Conv0002_2



Conv0003_2



Conv0004_2



Conv0005_2



Conv0006



Conv0007_2

2017年2月16日 (木)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ(5)   聖高原(2)

霧氷が無くても雪に映る木の陰や、わだちなど普段撮れないもんも沢山ある。




2017/2/3撮影                      聖高原・信州
Conv0009


Conv0010

例年だとこのようにとても美しい
Conv0002_5
Conv0001_2



Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0016

2017年2月15日 (水)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ(4)   聖高原(1)

一週間ほどいい天気が続いていたので、霧氷は見ることができなかった。
聖高原は10回以上は来ているが、霧氷のないのは今回が初めてだった。
それでも、雪道を走る喜びはなんら変わらない。



2017/2/3撮影                                             聖高原
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005

この時期霧氷が無いのは珍しい。
Conv0007

四駆とスノータイヤで信州の雪道はどこでも問題ないが、
ブレーキはエンジンブレーキのみで運転。
Conv0008_2

2017年2月14日 (火)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ(3)   梓川白鳥湖(3)

車に積んであった100-400のレンズを付けて撮影準備。
首を上下に振るのが飛び立つ直前の合図だ。突然飛び立つので
追っかけるのが難しかったが、確率7割で撮れた。
ただ流し撮りする余裕は無かった。
しかし重い体重の白鳥は高く飛び上がるのに、かなり大変そうにみえる。



2017/2/3撮影                         安曇野・信州
Conv0001_4


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_3


Conv0005_3


Conv0006_3


Conv0007_3


Conv0008_3


Conv0009_2

2017年2月13日 (月)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ(2)   梓川白鳥湖(2)

土手の上からの撮影なので飛び立つのが下の方なので
優雅な姿は撮れなかったが、それでも、それなりに美しい。


2017/2/3撮影                     安曇野・信州
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0008_2


Conv0009

2017年2月12日 (日)

北信州の雪の中へ700kmのドライブ   梓川白鳥湖

北信州へ向かう走行途中、梓川に白鳥の渡来地があることを思いだした。
予定外の長野道安曇野ICで降りて、梓川白鳥湖に寄ってみた。
約150羽ほど飛来していたでしょか、1時間ほど苦手な鳥撮影を楽しみました。


2017/2/3            安曇野のシンボル常念岳      安曇野・信州
Conv0001


Conv0002

湖と言っても梓川の川幅が大きいところ
Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

川の隣の小さな池と、白馬方面の北アルプス
Conv0008

2017年2月11日 (土)

東京スケッチ(40)   都内(7)

さて、今日の獲物は何だろう・・うまく捕まえられるか・・


2017/1/31撮影
Conv0009



Conv0010



Conv0011



Conv0012



Conv0013



Conv0015



Conv0014_2

2017年2月10日 (金)

東京スケッチ(39)   都内(6)

銀座のスナップが好きなのは、背景が整理されているかだろう。


2017/1/31撮影
Conv0001



Conv0002



Conv0003



Conv0004



Conv0005



Conv0006



Conv0007



Conv0008

2017年2月 9日 (木)

横浜スケッチ(13)  中華街(3)

スナップは街中を探検してるところがあるので本当に面白い。
街で発見した、おもろいものはすべてが対象になるが、
やはり人間が一番おもろいし、好きだ。


2017/1/29撮影                     横浜
Conv0001



Conv0002



Conv0003



Conv0004



Conv0005



Conv0006

2017年2月 8日 (水)

横浜スケッチ(12)  中華街(2)

今、人混みのスナップはソニーのコンデジRX100Ⅳにしている。
ポケットに入れて歩き廻るには最適で、画質もまったく不満はない。


2017/1/29撮影                      横浜
Conv0001



Conv0007



Conv0008



Conv0010



Conv0011



Conv0012

2017年2月 7日 (火)

横浜スケッチ(11)  中華街(1)

1月28日から春節で中華街はいつも以上に混雑していた。
そんな中でのスナップは好きだし楽しいが、思うよおな写真は中々
撮れない。それでも挑戦し続けることで、いつかは気に入った写真が
撮れることを確信しているが・・・


2017/1/29撮影                          横浜
Conv0001



Conv0002



Conv0003



Conv0004



Conv0005



Conv0006

2017年2月 6日 (月)

デジタルフォト研究会 2月例会

デジタルフォト研究会 2月例会作品

タイトル・・・・国道5号線(未完成)
コメント・・・・海底都市への入口
                 なかなか完成しない作品です。
               

会員作品紹介http://yumehaitat.exblog.jp/



Conv0001_2


2017年2月 5日 (日)

富士山一周(5)   西湖〈いやしの里根場)

根場地区は、かつては茅葺き屋根が並んでいた西湖畔の集落で、
昭和41年の台風災害で壊滅的な被害を受けてしまう。
そんな日本の原風景である茅葺き屋根を観光用として復活したのが今の姿である。

20棟の茅葺き集落は雪景色がよく似合うと前から思っていたが、それが今回実現した。



2017/1/12撮影                        山梨県
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0001


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0007

愛車と記念撮影
Conv0008

2017年2月 4日 (土)

富士山一周(4) 西湖

河口湖は逆光なので撮影はパスして隣の西湖へ。
西湖は湖畔で撮れるのはここの一ヶ所だけ。


2017/1/12撮影
Conv0001


Conv0003


Conv0002


Conv0004


Conv0005

2017年2月 3日 (金)

富士山一周(3) 忍野八海(2)

ここは雪景色が一番絵になるように思う。
もう少し雪が欲しいところだが。

2017/1/12撮影                                                    山梨県
Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0001


Conv0004_3


Conv0005_2


Conv0007_5


Conv0008_2

2017年2月 2日 (木)

富士山一周(2) 忍野八海

富士山の恵みの湧水は忍野八海の一番の見どころ。
ただ周りの売店の商売のやり過ぎが、自然環境を少し
損ねているように思う。


2017/1/12撮影                        山梨県
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0007


Conv0008

2017年2月 1日 (水)

富士山一周

この日は雲がないピーカンの一日でした。

我々は富士山写真家じゃないので朝焼け、夕焼け、それに雲がどうのこうのと
贅沢は言いません。  ただただドッシリと富士山がそこに見えればいいのです。



2017/1/12撮影   写友二人と      東富士演習場
Conv0001


Conv0002

山中湖パノラマ台
Conv0003


Conv0005


Conv0006


Conv0004_3


Conv0007

山中湖
Conv0008

2017年1月31日 (火)

雪の京都へ行こう(10)  嵯峨野 落柿舎から清水寺へ

嵯峨野の落柿舎からタクシーで清水寺へ移動する。


2017/1/16撮影 
落柿舎                       京都
Conv0001

落柿舎には、やはり柿が沢山なっていた。
Conv0002

落柿舎の裏道
Conv0003

途中の卵屋さんでご飯に生卵をかけていただく。350円
Conv0004

清水寺  貸衣裳の安っぽい趣味の悪い着物姿がやたらと増えていた。
こんな雰囲気では二度と来たくない。
Conv0005


Conv0007

本堂    正面の奥の院からの撮影は工事中できなかった。
Conv0008

音羽の滝
Conv0009

三年坂
Conv0010

京都に来たら駅ビル10階の富山ブラックラーメン(いろは)を食べないと家には帰れない。  
Conv0011

2017年1月30日 (月)

雪の京都へ行こう(9)  嵯峨野  常寂光寺

紅葉の常寂光寺は大好きなところだが、この日は嘘のように人がいない。
雪のお陰で、この静寂さをしみじみ味わうことができた。

2017/1/16撮影                       京都
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0007


Conv0008

2013/11/25撮影
Conv0001_2


Conv0009

2017年1月29日 (日)

雪の京都へ行こう(8)  渡月橋から天龍寺

昨日28日朝6時半、近くで火事・・1時間ほどで鎮火・・横浜
Conv0001_2

嵯峨野散歩は、いつもこの渡月橋から始まる。雪は少なかったが、
初めての雪の風景はとても新鮮であった。


2017/1/16撮影                                                   京都
Conv0001


Conv0002


Conv0003

保津川下りの着船場
Conv0004


Conv0005

嵯峨野の一歩は天龍寺から・・
ここの好きな庭園は雪で石が隠れてしまい、期待外れであった。
Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2017年1月28日 (土)

朝焼け

昨日27日は今年に入って一番美しい朝焼けになった。

2017/1/27撮影      AM6:45 日の出前        横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003

AM7:00   日の出
Conv0004


Conv0005


Conv0006

2017/1/14  AM6:30
Conv0007

2017/1/2   PM7:47
Conv0008

«雪の京都へ行こう(7)  嵯峨野の雪の竹のトンネル