フォト
無料ブログはココログ

2016年12月 6日 (火)

デジタルアート   雪の赤レンガ倉庫

デジタルフォト研究会  12月例会作品
 
タイトル 雪の赤レンガ倉庫 
 
デジタルフォト研究会 HP http://yumehaitat.exblog.jp/


今回はストレート写真です。
Conv0001

2016年12月 5日 (月)

東京都青梅市  御岳渓谷の紅葉(2)

昨日に続く
毎年、紅葉は信州と京都が主でしたが、今回の御岳渓谷は
大いに気に入りました。渓谷沿いを1万5千歩ほど歩きながらの
撮影も信州、京都にない素晴らしい景観で、どうやら毎年行くことに
なりそうです。


2016/11/17撮影
Conv0008


Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015

2016年12月 4日 (日)

東京都青梅市  御岳渓谷の紅葉(1)

おととい京都から5日間の一人旅を終えて帰ってきました
もちろん紅葉の撮影で今年も腰を抜かすほどの凄い紅葉を見てきました。

17日にデジ研で初めて訪れた御岳渓谷の紅葉も東京とは思えないくらいの
大自然の中の美しい紅葉を眺めることができました。


2016/11/17撮影                       青梅市の山奥・御岳渓谷                            
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2016年12月 3日 (土)

東京都青梅市  昭和デトロ商品博物館

昭和30~40年の頃のお菓子、煙草、薬などの商品パッケージを
中心に集めた博物館で、まさに私にとって懐かしい商品だらけだった。


2016/11/17撮影
Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0001_4


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0008


Conv0007

お疲れになったので一服するレトロな仲間
Conv0009

2016年12月 2日 (金)

東京都青梅市  映画看板の街

デジタルフォト研究会の定期撮影会で初めて青梅市を訪れた。
映画看板一つでも古き良き昭和レトロを演出できるのですから凄い力です。
ただ新しい看板が多かったので、少し汚して古くみせて欲しかった。

2016/11/17撮影
Conv0003


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0001


Conv0002


Conv0001_2

2016年12月 1日 (木)

横浜スケッチ(10)  イチョウ並木 (慶応大日吉校)(4) 

2016/11/23撮影                     日吉校 横浜
Conv0008_2


Conv0009_2


Conv0012_2


Conv0010_2


Conv0011_2


Conv0013_3


Conv0014_2

2016年11月30日 (水)

横浜スケッチ(9)   イチョウ並木 (慶応大日吉校)(3) 

2016/11/23撮影                       日吉校 横浜
Conv0001_8


Conv0002_5


Conv0003_5


Conv0004_5


Conv0005_5


Conv0006_5


Conv0007_5

2016年11月29日 (火)

ダリ展   国立新美術館  脳に刺激を求めて・・

大好きなダリ展に行ってきました。

この日の午後、入場を待つ人が100人以上もいたのにはビックリ。

難解なシュルリアリスムが好きな人がこんなに多くいたとは・・

なにか刺激を求めているのだろうか・・?


2016/11/12撮影                    六本木
Conv0001_6

もう10回以上来ているが黒川記章の設計にはいつも驚く。
Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_3


Conv0005_3


Conv0006_3

太陽が三つ   まさに形而上写真そのものだ。
Conv0007_3

2016年11月28日 (月)

横浜スケッチ(8)   イチョウ並木  (慶応大日吉校) (2) 

2016/11/23撮影                   日吉校 横浜
Conv0008


Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014

2016年11月27日 (日)

横浜スケッチ(7)   イチョウ並木  (慶応大日吉校) (1) 

慶応義塾大学の構内に4列で並ぶイチョウ並木があり、

明治神宮外苑、立川昭和記念公園と並んで素晴らしい景観である。

2016/11/23撮影                    日吉校 横浜
Conv0001_3


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2016年11月26日 (土)

横浜スケッチ   54年ぶりの初雪の日

都心や横浜で11月としては54年ぶりの初雪が観測された。

嬉しくって午前中プラプラ外に出てみたが、道路には積もらなかった。



2016/11/24撮影                      横浜
Conv0003_4


Conv0001_7


Conv0004_4


Conv0002_4


Conv0005_4


Conv0006_4


Conv0007_4

2016年11月25日 (金)

東京スケッチ(38)   都内(5)


2016/11月撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2016年11月24日 (木)

東京スケッチ(37)   都内(4)


2016/11月撮影
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006_3


Conv0007

2016年11月23日 (水)

朝の時間  早朝散歩

いつもの友人3人で、朝5時半から7時まで、約1万歩   

2016/11/13撮影                              横浜
Conv0006_2


Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0001

2016年11月22日 (火)

東京スケッチ(36)   都内(3)

2016/11月撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0007


Conv0006

2016年11月21日 (月)

東京スケッチ(35)   都内(2)

2016/11月撮影
Conv0008


Conv0009


Conv0010_2


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


2016年11月20日 (日)

東京スケッチ(34)   都内(1)

さて今日はどんな獲物に出会えるだろうか・・?

歩き、観察し、ちょっと休んではまた出かける。・・エルスケン



2016/11月撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2016年11月19日 (土)

信州紅葉模様(17)  軽井沢 雲場池水面アート(2)

Conv0001_4
昨日に続く

2016/10/31撮影
Conv0002_4


Conv0004_4


Conv0005_5


Conv0003_4


Conv0006_4


Conv0007_4


Conv0008_2

2016年11月18日 (金)

信州紅葉模様(16)  軽井沢 雲場池水面アート(1)

Conv0001_3

2016/10/31   この池の水面に映る風景は特に素晴らしい。

Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_3


Conv0005_4


Conv0006_3


Conv0007_3

2016年11月17日 (木)

信州紅葉模様(15)  軽井沢  別荘地の紅葉(3)

2016/10/31  軽井沢のお気に入りの店、アメリカ雑貨のパラダス。
Conv0001_2

軽井沢中このドウダンツツジの赤色が輝く
Conv0002_2

ドウダンツツジの小道
Conv0003_2


Conv0004_2

ソニーの前名誉会長が16億円で建設して寄贈された大賀ホールの入口
Conv0005_2

カッコいい山だが・・
Conv0006_2

高速軽井沢出口近くから  手前の岩山の名前が分からない。奥が妙義山
Conv0007_2

2016年11月16日 (水)

信州紅葉模様(14)  軽井沢  別荘地の紅葉(2)

Conv0001

軽井沢でも有名な万平ホテル。何回か泊ったことがあるが、ジョン・レノソと
オノ・ヨーコ夫妻が何度も利用したことでも有名な話だ。

2016/10/31撮影
Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2016年11月15日 (火)

信州紅葉模様(13)  軽井沢  別荘地の紅葉(1)

Conv0003_2

雲場池の後は自転車(1日500円)で街と別荘地の中を散歩する。



2016/10/31   軽井沢の垣根はほとんどがドウダンツツジで真っ赤に染まる。
Conv0001


Conv0002


Conv0004_2


Conv0005


Conv0008


Conv0007


Conv0006

2016年11月14日 (月)

信州紅葉模様(12)  軽井沢  雲場池 (2)

2016/10/31     満開一歩手前のグラデーションが素晴らしい。
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2016年11月13日 (日)

信州紅葉模様(11)  軽井沢  雲場池 (1)

今年の軽井沢の紅葉は例年通りの10月末にピークが来ていた。

軽井沢のど真ん中にある雲場池は何度来ても感動する。

東京に一番近い信州の入口軽井沢に、こんな素晴らしい

紅葉が見られるのは意外と知られていない。


2016/10/31撮影
Conv0008

垣根のドウダンツツジが真っ赤になるのも軽井沢の特長です。
Conv0001


Conv0002_2


Conv0003


Conv0004


Conv0001_2


Conv0005


Conv0007

2016年11月12日 (土)

東京スケッチ(33)  六本木から有楽町(4)

東京スケッチだから撮るものは何でもよいが、

この日は光の芸術だった。



2016/10/21・23撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0001_3


2016年11月11日 (金)

東京スケッチ(32)  六本木から有楽町(3)

獲物は風景でもよいだろう。



2016/10/21・24撮影
Conv0002_3


Conv0001_4

とっさに村上春樹の長編小説「1Q84」を思いだした。

二つの月の世界とは・・?
Conv0003_4


Conv0004_3


Conv0005_3

2016年11月10日 (木)

東京スケッチ(31)  六本木から有楽町(2)

獲物を求めてひたすら歩く・・

2016/10/21・24撮影
Conv0001_3


Conv0002_2


Conv0003_3


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007

2016年11月 9日 (水)

東京スケッチ(30)  六本木から有楽町(1)

六本木から新橋・有楽町方面へ2日間に分けて約5時間ぶらぶら歩いてスナップする。
最近では歩くことも趣味になってきている・・?



2016/10/21・24撮影
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003_2


Conv0004


Conv0006


Conv0005

2016年11月 8日 (火)

信州紅葉模様(10)   志賀高原へ(2) 蓮池 澗満滝

志賀高原は紅葉も終わりスキーシーズンを迎えている。


2016/10/28撮影   蓮池

Conv0002


Conv0001


Conv0003

澗満滝  志賀高原でもかなり低い位置にあるので紅葉のピークはまだ先のようだった。
Conv0004


Conv0005


<参考>2013/10/30撮影の澗満滝  年によってこんなに違います。
Conv0007_4

<参考>2013/10/30撮影  高山村の隣にある須坂市の米子大瀑布
Conv0008

米子大瀑布に行く途中の紅葉  絵具で描いたよう。
Conv0001

2016年11月 7日 (月)

信州紅葉模様(9)   志賀高原へ(1)

雷滝を見た後は山田峠を越えて志賀高原へ

2016/10/28撮影          山田峠へ行く途中
Conv0001_3


Conv0002

山田牧場    
Conv0003

志賀高原 平床  ダケカンバ 紅葉が終わり葉もすっかり落ちている。
Conv0006

志賀高原の紅葉は10月上旬
Conv0005_2

志賀高原 木戸池
Conv0007


Conv0008

2016年11月 6日 (日)

信州紅葉模様(8)   松川渓谷 (雷滝ー2)

この滝は裏側を見ることができるので裏見の滝とも呼ばれる。

かなり水しぶきが飛ぶので撮影は大変だが、撮る価値はある。




2016/10/28撮影                      高山村・信州
Conv0001_3

1/6秒で手持ち
Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_4


Conv0007_3

«信州紅葉模様(7)   松川渓谷 (雷滝ー1)

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント