2017年5月29日 (月)

生田緑地バラ苑   バラ

Conv0002_3

2017/5/14撮影  撮影日は雨の翌日が一番       生田緑地・川崎市

Conv0001_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2

2017年5月28日 (日)

大谷石地下採掘場跡(2)

ここは、1919年(大正8年)から1986年(昭和61年)までの
約70年間採掘してました。

2017/5/8撮影                     栃木県宇都宮市大谷町
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年5月27日 (土)

大谷石地下採掘場跡

前から、この地下空間の存在はとても気になっていた。

三脚は禁止。

2017/5/8撮影                   栃木県宇都宮市大谷町
Conv0002_2


Conv0002_1


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009

2017年5月26日 (金)

足利フラワーパーク(6)  お見事

ライトアップだと本当の色は出ませんが、
それでも見事なものでした。

2017/5/3
                   白藤の滝         
Conv0001


Conv0002


Conv0003

    むらさき藤のスクリーン
Conv0004


Conv0005

世界でも珍しい八重藤
Conv0006


Conv0008

2017年5月25日 (木)

足利フラワーパーク(5)  飽きない

種類も多くほとんどが満開でした。

一日いても飽きない。


2017/5/3
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年5月24日 (水)

足利フラワーパーク(4)  ライトアップ

今回は頑張ってライトアップも撮ってみました。



2017/5/3
Conv0001


Conv0002


Conv0004


Conv0003


Conv0005_2


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年5月23日 (火)

栗田美術館(2)    ハナミズキ

ハナミズキが丁度満開でした。

2017/5/3                      栃木県足利市
Conv0008


Conv0009


Conv0010


Conv0012


Conv0013


Conv0014

2017年5月22日 (月)

栗田美術館     陶磁器と新緑

栗田美術館は藤のフラワーパークの近くにある。
江戸時代に肥前鍋島藩で生産された、伊萬里、柿右衛門、
鍋島を所蔵する、世界屈指の陶磁美術館。
家内が陶磁器が大好きなので2時間ほど見学した。

また、三万坪の広大な敷地は新緑に覆われていて
その中をゆったりと散策ができた。

2017/5/3撮影                 栃木県足利市
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年5月21日 (日)

足利フラワーパーク(3) うす紅色の棚のライトアップ

2017/5/3
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0008

2017年5月20日 (土)

足利フラワーパーク(2)   藤

今年は花の丈が短いようだ。
ポスターのようには撮れなかった。

それでも大藤は凄かった。

2017/5/3
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0016_2


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015_2

2017年5月19日 (金)

足利フラワーパーク   藤

大藤
人の多さで驚いてはいられない。
とにかく、藤の大きさに唖然とする。
さらに色の美しさと、いい匂いにビックリする。
無理してでも来てよかったと誰でもが思うだろう。


2017/5/3
Conv0001_5


Conv0002


Conv0003_3


Conv0004


Conv0006


Conv0001_7


Conv0007

2017年5月18日 (木)

信州の春(7)   小川村の桜

日帰りの撮影であったが、信州はいつでも素晴らしい。



2017/4/28撮影
Conv0008

山桜もまだ咲いていて、東京より丁度1ヵ月位遅い。

Conv000111


Conv0009


Conv0003


Conv0011


Conv0001_2


Conv0001_3


Conv0012





2017年5月17日 (水)

信州の春(6)   小川村 番所の桜

小川村は大好きで何度も訪れているが、桜の時期は初めてで、
どこに桜があるか全く分からないので役所の観光課で教えて
もらった。想像以上に満開の桜が多かったので、大満足。


2017/4/28撮影  そんなに大きくないが村一番の桜  番所の桜・小川村                    
Conv0001_5


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0005


Conv0006


Conv0004_2


Conv0007


2017年5月16日 (火)

信州の春(5)   タンポポ、菜の花  芋井神社

小布施の桜を見てから、小川村に向かう国道沿いに黄色い
花に囲まれた小さな神社を見つけた。
近付いて見ると、タンポポと菜の花が咲き誇っていた。

2017/4/28撮影                     長野市
Conv0002


Conv0001_3


Conv0004


Conv0004_2


Conv0005


Conv0001_4


Conv0003

2017年5月15日 (月)

信州の春(4)   八重桜(一葉)(2)

毎年満開の時期がずれるので、今回のように撮れたのは初めてです。


2017/4/28
Conv0001_2


Conv0001


Conv0003_2


Conv0005_2


Conv0007_3


Conv0002

2017年5月14日 (日)

信州の春(3)   八重桜(一葉)

千曲川河川公園の桜堤には約4kmに渡って
およそ530本もの八重桜が植えられている。

それはそれは見事なものです。


2017/4/28撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004_2


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年5月13日 (土)

信州の春(2)  ハナモモ

小布施町 千曲川河川公園


2017/4/28撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年5月12日 (金)

信州の春  菜の花、もも、ハナモモ

ぷらりと信州の花を見に

小布施町 千曲川河川公園


2017/4/28撮影
Conv00011

                         飯綱山  戸隠山(雪)  黒姫山(雪)
Conv0002_2


Conv0004_2


Conv0005


Conv0003_2

ハナモモ
Conv0006_2


Conv0007_2

2017年5月11日 (木)

「写真道楽 第4集」 写真集ができました 

「写真道楽 第4集」 写真集ができました。通算で第9号

今回もトイレに持ち込んだら、中々出られなくなるほど面白い・・?


2017/5月
Conv0001

全144ページより抜粋
Conv0002


Conv0006


Conv0003


Conv0004_3

Conv0005


Conv0007


Conv0008


Conv0009

 

2017年5月10日 (水)

日光東照宮   本当は大猷院の方が好き

いつものことだが人が多い。今度は雪が降る冬にしよう。

本当はこの奥にあるは、徳川三代将軍「家光公」の廟所である
「大猷院」の装飾の方が好きなんだが。


2017/4/22撮影
Conv0001_4


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_3


Conv0005_2


Conv0006_3


Conv0007_2


Conv0008_2

2017年5月 9日 (火)

日光東照宮  廻廊

陽明門の左右に延びる建物で、外壁には我が国最大級の
花鳥の彫刻が飾られている。
いずれも一枚板の透かし彫りには、極彩色がほどこされていて、
今回一番印象深かった。ただ相当傷んでいる。


2017/4/22撮影
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0006


Conv0007


Conv0008

 

2017年5月 8日 (月)

日光東照宮  唐門

唐門

全体が胡粉(ごふん)で白く塗られている。
大好きな二条城や西本願寺の唐門とは全く
違う個性的なものだが、このデザインは誰が
考えたのだろうか、凄すぎる。



2017/4/22撮影  柱の左側が「昇り竜」、右側が「下り竜」
Conv0001


Conv0003


Conv0001_2

この唐門に施されている彫刻の数はなんと611(うち人物が6体で64人)もあり、
この数は陽明門を上回る数(陽明門:508体)
Conv0005


Conv0006_2


Conv0007

2017年5月 7日 (日)

日光東照宮 陽明門(3)

新しく改装されただけにすべが美しいが、他の建物の古さが目立つ。
陽明門の総工費は約12億円だそうです。

2017/4/22撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年5月 6日 (土)

日光東照宮 陽明門(2)

陽明門の彫刻は全部で508体。
唐獅子【からじし】66体と龍【りゅう】45体があるそうです。

5日まで陽明門のライトアップがあり、5日に行く予定でしたが、
激しいUターンラッシュが予想されたので取り止めました。

2017/4/22撮影
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0001_4


Conv0002_3


Conv0005


Conv0001_5


Conv0006

2017年5月 5日 (金)

日光東照宮 陽明門

日光東照宮 陽明門 
約40年ぶりの大規模な修復作業を終え、金箔や極彩色がひときわ輝く。

2017/4/22撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006



Conv0007

2017年5月 4日 (木)

横浜大桟橋  客船フォーレンダ出港(2)

出港後は大桟橋は静かになった。
サックスの音色が聴こえてきたり、花嫁さんが現れたりで
静寂な大桟橋に変身する。



2017/4/25撮影
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0017


Conv0016

2017年5月 3日 (水)

横浜大桟橋  客船フォーレンダ出港

珍しく午後4時という早目の出港だったので大桟橋に寄ってみた。
この船は6.1万tで今では中型船になるだろうか。

2017/4/25撮影                         横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年5月 2日 (火)

新宿御苑(  八重桜 (6)

京都・横浜・東京と桜記事は終わりますが、さてこれからどこに行きますか。



2017/4/18撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年5月 1日 (月)

新宿御苑  八重桜 (5) 椿

朝方まで降った大雨で落ちた花は、あまり傷んでいなくて
綺麗なジュウタンです。



2017/4/18撮影
Conv0009_2


Conv0010_2


Conv0011_2


Conv0012_2


Conv0001_5


Conv0013_2



Conv0015_2

2017年4月30日 (日)

新宿御苑  八重桜(4)

桜の木の下で、人それぞれ楽しんでいます。



2017/4/18撮影
Conv0001_4


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0008_2

2017年4月29日 (土)

新宿御苑  八重桜(3)  新緑

この時期は新緑も魅力のひとつ。

2017/4/18撮影
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014

修善寺寒桜  早咲きの桜で、すでに大きくなった葉は素晴らしい。
Conv0015

«新宿御苑  八重桜(2)  ユリノキ