2019年2月19日 (火)

水面画

寒くて外え出る機会が少ない1月2月は2000年から撮った

過去の写真を見直ししている。

その中に忘れていた写真が沢山出てきた。

2014 元町付近・横浜    水面に映った風景が面白い。

Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006

2019年2月18日 (月)

金田港  

僕は山国の信州生まれなので、海が大好きです。

特に漁港は一日いても飽きません。写真なんかは、どうでもよいのです。

この後、目的の長井漁港でサザエと「すがなごっそ」で三浦大根を買って帰る。


2018/12/30
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2019年2月17日 (日)

金田港  白鷺(2)

2018/12/30
Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010


Conv0011

2019年2月16日 (土)

金田港  白鷺

岸壁と船を結ぶロープ上からの白鷺の漁は
まるでマジックショーを見ているようでした。
特に足の踏ん張りなんかの見事さには、笑いが出ます。

生きるために一生懸命なんですね~。

2018/12/30
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0005


Conv0006

2019年2月15日 (金)

三浦半島  スナップ(2)

2018/12/30三浦海岸
Conv0010


Conv0009


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015

2019年2月14日 (木)

三浦海岸   スナップ

この時期にしか買えない三浦大根と大好きなサザエを買いに

師走の三浦半島に出掛けた。

2018/12/30三浦海岸
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2019年2月13日 (水)

銀座  スナップ(3)

銀座の一角に埃を被った石像などが置いてあるショールーム・・?がある。

理由は分からない、何年も放置さえれている。不思議な世界だ。


2018/12/27 銀座
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2019年2月12日 (火)

銀座  スナップ(2)

2018/12/27銀座
Conv0001


Conv0002_3


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2

2019年2月11日 (月)

銀座  スナップ

師走の銀座を獲物を探して、さまよい歩く。

2018/12/27銀座
Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0008


Conv0007

2019年2月10日 (日)

總持寺(3)  修行僧(2)

托鉢は約2時間かけて、鶴見市内を廻って戻ってくる。

毎日昼ごろには百間廊下(約152m)の掃除がある。

寒いこの時期は大変でしょう。



2019/1/31 鶴見区・横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0006


Conv0005


Conv0007


Conv0008

2019年2月 9日 (土)

總持寺(2)  修行僧

この時期は寒行托鉢の厳しい修行をしている。

時代の流れでしょうか、年々修行する僧が減っているようです。


2019/1/31                         鶴見区・横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0006

Conv0005_2


Conv0007


Conv0008

2019年2月 8日 (金)

總持寺

2019/1/31                                          鶴見区 横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2019年2月 7日 (木)

告別式     ご冥福をお祈りいたします。

訃報は突然やってくる。  悲しい。

しかし、その悲しみを乗り越えなければならない。

死について自問する。

我々も残された日々をどのように過ごしたらいいだろうか。


2019/2/3
Conv0001_3


Conv0003_2


Conv0002_3


Conv0004_2


Conv0006_2

写真は残酷だ。 思い出は止まらない。

Conv0001_4

自然は変わらない。 人間の命ははかなく、短い。
Conv0002_4

2019年2月 6日 (水)

静かな京都を歩く(17)  京都ブライトンホテル

昨年よりこの大きなバスタブが気に入って泊ることにしている。

最近は一日中歩く体力がないので、ゆったり風呂に入り、

テレビを見ながらベットでダラダラと半日は寝て過ごすことが多い。

旅行は基本的に寝床があれば充分であり、食事も外食にする。

宿のただずまいや豪華な食事には興味がない。

このホテルは豪華そうに見えるが、かなりの格安です。

一人旅は基本的にビジネスホテルを使う。




2019/1/10
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2019年2月 5日 (火)

静かな京都を歩く(16)  京都駅

デザインが素晴らしい京都駅。

最近巨大スクリーンが4ヶ所設置されて、広告に一役買っている。


2019/1/10
Conv0001


Conv0002


Conv0003

シーズンオフはタクシーが溜まっているが
桜、紅葉時期はほとんどいない。
Conv0004

駅前の京都タワーから

東本願寺
Conv0005

西本願寺
Conv0006

手前・・三十三間堂  奥・・智積院
Conv0007

清水寺
Conv0008

東寺
Conv0009

京都駅ビル10F「京都拉麺小路」
京都で食べるラーメンの定番は「麺家いろは - 富山ブラックらーめん」
うまいよ・・
Conv0001

2019年2月 4日 (月)

奈良  法隆寺(4)  (中宮寺ほほえみの御仏―半跏思惟像―) 

奈良で一番見たかったのは、半跏思惟像です。


2019/1/7撮影   

中宮寺(尼寺)は、法隆寺の東約400mの場所に所在するお寺です。
Conv0001_4

飛鳥時代の木彫を代表する仏像である百済観音と
半跏思惟像のポスターを買ったので、自分で厚い和紙で裏打ちしたので
額装に仕立てたい。
Conv0002_3

中宮寺全体の写真を撮るのを忘れた。
Conv0003_4


Conv0004_3


Conv0005_3

珍しい正月飾り
Conv0006_4


Conv0007_3

夢殿(聖徳太子を供養する堂として建てられた堂)
Conv0009_3


Conv0008_5

寺の外にも味のある壁が。
Conv0011


Conv0010_3

2019年2月 3日 (日)

奈良  法隆寺(3)  土塀

土で突き固められた「土塀」は、城の石垣にも劣らない、美しさを感じます。



2019/1/7
Conv0001_2


Conv0010_2
千年を超えた塀がここにあることが、不思議。
修理を繰り返して、そのつぎはぎが、何とも言えない深い味になっている。
Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_3


Conv0008_3


Conv0007_2


Conv0001_3

2019年2月 2日 (土)

奈良  法隆寺(2)

法隆寺は1400年前の飛鳥時代の607年の創建。
その後、、唐招提寺、興福寺などは平安遷都までの約200年間で創建されている。

奈良にいると、京都のお寺との歴史の違いが歴然と分かる。

2019/1/7
Conv0001

金堂の内部には、法隆寺の本尊、薬師如来を中心とする釈迦三尊像が安置されている。
Conv0002

上層と下層をつなぐ支柱に巻き付けられた龍の彫り物もは珍しい。

昇り龍
Conv0003

下がり龍
Conv0004

世界最古の五重塔で国宝。
Conv0005

国宝にも指定されている回廊はギリシャ発祥のエンタシスの柱で、
法隆寺のエンタシスの柱には檜が使われています。
Conv0008_2

ここに椅子があれば何時間も見ていたい空間。
Conv0007


Conv0006_2


Conv0009


Conv0010

2019年2月 1日 (金)

奈良  法隆寺

久し振りに日本最古の法隆寺を訪れた。

京都の寺とは雰囲気がまるで違う。

広大な敷地(東京ドーム14個分)にゆったりと建物が建てられている。

ここに半日いたが心が洗われるようだった。

2019/1/7撮影           松の木が美しい法隆寺参道       奈良
Conv0001


Conv0002

土塀の長さは京都御所ほどではないが、それでも圧倒される。
Conv0003


Conv0004

空も広い。
Conv0005

中門の仁王像は日本で一番古い。
Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009

2019年1月31日 (木)

何必館・京都現代美術館   ドアノーの愛した街パリ

祇園をぷらぷら歩いていたら、ドアノーの愛した街パリ
ROBERT DOISNEAU 展を見つけました。

「何ぞ、必ずしも」と疑う自由の精神を持ち続けたいという願いから、
「何必館(かひつかん)」と名づけられた。

兎に角、どの作品を観ても上手いの一言。
真似は出来ませんが、大好きな作家です。


2019/1/8撮影
Conv0001


Conv0002

ドアノー世紀の大傑作(やらせでも有名) 「パリ市庁舎前のキス」
Conv0003

「ピカソのパン』
Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2019年1月30日 (水)

静かな京都を歩く(15)  八坂神社のえべすさん

9日は八坂神社蛭子社祭宝船巡行


2019/1/9撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003

各商店に福笹を届ける福娘の衣装は、赤、白、金色。 日本的で、何とも美しい。
Conv0004

福娘たちは沿道の商店に福笹を配ります。
Conv0005

七福神を乗せた「えびす船」が、八坂神社石段下から四条烏丸間を往復します。

Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2019年1月29日 (火)

静かな京都を歩く(14)  清水寺周辺(3)

あたりが白々と明るくなってきた。店員の出勤が増えてくる。

その後は観光客で歩くのに困るぐらいに人が押し寄せる。

1時間の早朝散歩はこれで終わり、

そろそろ撤退とゆうことでホテルに戻る。

2019/1/10撮影
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2019年1月28日 (月)

静かな京都を歩く(13)  清水寺周辺(2)

この時間は、地元の人のいい散歩コース。

日中になると観光客でごったがいす。



2019/1/10
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003


Conv0004_2


Conv0005


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0008_2

2019年1月27日 (日)

静かな京都を歩く(12)  清水寺周辺

八坂の塔から清水寺までの坂道の路地は大好きなコース。

特に夜明けから日が出るまでの時間帯は人がまったくいない。

好きな雨も途中から降ってきて幸運でした。

㊗ 1月26日 大坂なおみ全豪オープンテニス優勝 

2019/1/10       京都に来て一番いい朝でした。
Conv0001


Conv0002


Conv0004


Conv0006


Conv0001


Conv0007


Conv0008

2019年1月26日 (土)

静かな京都を歩く(11) 護王神社(御所西)

“猪の神社”として有名な護王神社。

足腰の守護神として広く崇敬されています。

今年は亥年なので、人気があり日中は観光バスで賑わう。

ホテルに近いので、夜に参拝した。

2019/1/9
Conv0001_2


Conv0002_3

境内の狛猪に因み「いのしし神社」とも呼ばれ親しまれてる。
Conv0003_2


Conv0005_2


Conv0004_2


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0008_2

2019年1月25日 (金)

静かな京都を歩く(10)  喫茶マドラグ

御金神社のすぐ近くにある「喫茶マドラグ」

巨大な玉子サンドは玉子だけでも厚み4㎝もある。驚きと、笑い。

しかも美味くて、安い。

この日はすんなり入れたが、普段は1時間以上は待つようだ。




2019/1/8         これで二人前
Conv0001


Conv0002_2

三人で二人前で充分。
Conv0003


Conv0004

分厚いトースト。
Conv0005


Conv0006

小物の棚もおもしろい。
Conv0007

トイレのポスターいいね~。
Conv0008

2019年1月24日 (木)

静かな京都を歩く(9)  御金(みかね)神社

正直、こんな神社は僕は知りませんでした。

家内の案内でホテルから1時間ほど歩きました。

いやいや黄金の鳥居にはビックリしました。

年末年始の人出は大変だったようです

ここでお参りすると宝くじが当たる予感するんで不思議です。




2019/1/8   この日はガラガラでした。
Conv0001


Conv0002

何でも有り。
Conv0003

欲望丸出しの図。
Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

お参りした後、近くの祇園四条で買いました。そして後日・・大外れ。
Conv0009

元来、由緒正しい神社です。
Conv0010





2019年1月23日 (水)

静かな京都を歩く(8)   恵美須神社

商売繁盛で笹持って来い!

8日からゑびす神社の十日えびす祭(5日間)が始まった。


2019/1/08
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004

笹だけでも三千円するから飾り物を付けると一万円は掛かりそうだ。
Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

まず拝殿正面からお参りしたら拝殿左側に回り、横の板を軽く叩いて
(ゑびす様は耳が聞こえにくいという言い伝えがあり)
もう一度お参りするという独特のスタイルが知られています。
Conv0009


Conv0010

2019年1月22日 (火)

静かな京都を歩く(7)  

祇園界隈


2019/1/6-10
Conv0001_3


Conv0002_2


Conv0003_2

仲源寺(目疾地蔵)
「雨奇晴好(うきせいこう)」の額 「 晴れて良し、雨もなお良し」。・・好きな言葉だ。
Conv0004_2

地蔵菩薩
Conv0005_2

祇園にある何必館・京都現代美術館蔵 でロベール・ドアノー展
開催中でした。
            超有名な 「市役所前のキス」1950年
Conv0006_2


Conv0007_2

2019年1月21日 (月)

静かな京都を歩く(6)  

2019/1/6-10                              
Conv0001_2


各町内にある地蔵尊
地蔵盆は、8月23日、24日に行われる、子供の無病息災を願った
地蔵菩薩のお祭り。
主に関西地方で盛んで、関東では見られることが少ない風習の一つです。
Conv0002


Conv0003

町屋を改装した宿  今、沢山増えている。
Conv0004


Conv0005

アパートに変わった町屋。
Conv0006

裏道では沢山の町屋が残っている。
Conv0007


Conv0008

2019年1月20日 (日)

静かな京都を歩く(5)

京都名物ニシンそばは大好きで必ず食べるが、

今回初めてニシンうどんを見つけて食べてみたが・・・。


2019/1/6-10     老舗「松葉」のニシンそば
Conv0001

初めて食べたニシンうどん。  やはりニシンそばには勝てない。
Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005

出来たての豆乳を飲んでスタミナアップ
Conv0006

法律事務所・・・・ 納得の看板
Conv0007

«静かな京都を歩く(4)