« うれしい ひなまつり・・・少し遅くなりましたが・・ | トップページ | 追悼 (2) 私にとって3年目の 3・11 »

2014年3月11日 (火)

追悼 (1)    私にとって3年目の 3・11

   

  ☆★ 東日本大震災・原発・・ 我々は とんでもないことを体験してしまった。 ★☆

     
    118年前の明治29年の明治三陸大津波の貴重な48枚の写真が残っている。

    M8・2 津波の高さは、ほとんど10m越えで最高は38.2m 死者2・2万人

      写真から見ても被害状況は、驚くほど今回と似ている。 何故だろう・・?

   ★★ もし3・11にプロカメラマンでいたならば、当然、あらゆる手段を使ってでも

  直ちに、記録として残したいの一心で現地に向かっていただろう。カメラマンの使命だ。

    しかし悲しいかな素人で一介のサラリーマン。それでも5か月後に友人を誘って

     なんとか 7月 8月 9月と この年は3回と 延べで 一週間行くことができた。
  

   新幹線・宿(災害地には宿がないので仙台・盛岡・遠野)レンターカーの手配と長距離

   運転など大変苦労したが人生最も意義ある体験ができ、友人には深く感謝している。                                           


★峠を越えて、道路の先両側に見えたものは・・ 記録写真どころではない・・声も出ない。

            どこを見ても、 ただ絶句と涙・涙    南三陸町  2011/07/25
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005
         個人的な写真は避けました。




  

« うれしい ひなまつり・・・少し遅くなりましたが・・ | トップページ | 追悼 (2) 私にとって3年目の 3・11 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うれしい ひなまつり・・・少し遅くなりましたが・・ | トップページ | 追悼 (2) 私にとって3年目の 3・11 »