« 梅雨の日  傘を差して雨の中へ | トップページ | 三浦半島  金田漁港 »

2016年6月15日 (水)

お気に入りのジャズのCD  そろそろ処分の時期に

ジャズを長く聴いているとレコードやCDが自然と増えてくる。
これからの生涯を考えると聴ける時間はそう多くはないだろう。

自分もそろそろレコードやCDを大幅に処分する時期にきているようだ。
そこで、この一週間の間、時間を掛て処分するものと残すものを選別している。

レコード屋さんから段ボール箱を送ってもらい、そこに処分を決めたレコードと
CDを詰めている。 今週中にはレコード屋さんに発送する予定。

処分するレコードは400枚位とCDが200枚位になりそうでだ。

これがまたレコード屋さんの店頭に並び中古品として他のジャズファンに渡り聴いて
貰えるので嬉しい。リサイクルとしても嬉しい限りです。すぐに売れてしまうようです。


ブリシラ・パリス(VO)  1969年作  ジャケが超人気盤で内容も良い。
Conv0001_7

人気のピアニスト ナイポンクのピアノトリオ盤 名曲がいっぱい。 2015年作
Conv0002_3

ドイツのインゲ・フランデンベルク1959年ー61年の録音 本当にうまい歌手で驚く。
Conv0003_3

LPレコード 前衛ピアニスの先駆者セシル・テイラー 1973年東京厚生年金会館
彼がいなかったら今の山下洋輔の演奏スタイルはなかったはず。特にジャケが最高。
Conv0001_5

LPレコード  ジャズの革命児オーネットコールマン このジャケは凄みがあり好きだ。
Conv0002_4

LPレコード  頑張らないレスターヤングのテナーも、たまに聴くと良いもんだ。1959年作 
Conv0003_4

ベースのオスカー・ペティフォードの1958年未発表ライブ音源の第2弾
58年も経って音源が出てくるのだから驚きだ。曲も演奏も良い。
Conv0004_3

オルガンのラリー・ヤングの演奏は敬遠していたが、共演のウッディー・ショーのトランペットとネイサン・ディヴィスのテナーが素晴らしい。これも1964~65年のCD2枚組の発掘音源。
Conv0008_3

リー・スミス(b) 彼の息子は若手の実力NO.1のクリスチャン・マクブライト。ブルーの
ジャケがいい。若手を起用してるが、ゆったりとした大人の演奏になっている。
Conv0009_3

アーチー・シェップ(ts)一時前衛に傾いていたが最近は落ち着いた感じの演奏が多くなった。 このジャケは衝撃的だ。 内容も戦闘的で暴力的だ。1967年作 LPレコード
Conv0001_2

ジャズギターの名手バニー・ケッセルの名盤でジャケも内容も凄すぎる。1965年作 LP
Conv0002

« 梅雨の日  傘を差して雨の中へ | トップページ | 三浦半島  金田漁港 »

CD・レコード」カテゴリの記事