« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

お気に入りのジャズのCD  そして最良の年であった。  

今夜は紅白歌合戦とか、幼稚園の学芸会のようになってからは、まったく観なくなった。
人それぞれの年越しの方法があるが、 今夜は徹夜でジャズを聴こう。
12時には近所の寺の除夜の鐘と横浜港に停泊中の一斉の汽笛が聞こえる。
今年を振り返ると家族、旅、写真、釣り、ジャズとすべてが最良の年であった。

残念だったこともある。体調が悪かったこと。これは歳だから容認しょう。
年末宝くじ10億円は買いそびれたが、これも当たる確率から言って残念がる
ほどではない。
大体思い通りの一年でもあったことに感謝感謝。

2016/12月購入

最近買ったこの10枚も愛聴盤になりつつある。

女性シンガー/トランペッター、ブリア・スコンバーグの作品。
こんな上手い女性のトランペッターがいたとは知らなかった。.
ボーカルよりペットの方が良い。ジャケ買いで大当たりだった一枚。
Conv0001_4


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_4


Conv0005_4


Conv0006_5


Conv0007_2


Conv0008_2


Conv0009_2


Conv0010_2

2016年12月30日 (金)

お気に入りのジャズのCD

今年もあと二日間、 やはり二日間はジャズをたっぷり聴きたい。

今年買ったCDを整理して、気になるものを一枚でも多く聴いてみよう。



2016/11-12月購入

これはダリの作品「燃えるキリン」のパロディだが、よくできている。
キリンが虹に変わっている。本当にこのジャケットには驚いた。
内容は意に反して、バリバリのハードバップで聴きやすい。
Conv0001

はじめは誰の写真だか分らなかったが、よく見るとダリと写真家のマン・レイの若い頃の
写真だった。好きなトランペッターのデイヴ・ダグラスの作品である。
フリージャズのジョン・ゾーンのマサダで活躍した彼らしいジャケットだ。
Conv0002
以下8枚はジャケットも内容も素晴らしい。

Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年12月29日 (木)

表参道 イルミネーション

2016/12/19撮影                                          東京・表参道
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0006_3


Conv0005_2


Conv0004_3



2016年12月28日 (水)

暇な爺の一人旅(16)   奈良の紅葉(談山神社)

残念ながら、紅葉は終わりかけだったが、それよりも念願の十三重塔に
会うことができて感激です。 なんでこんなのを作ったのか・・?
想像以上に大きいものや、変わったものは人を圧倒する。
京都から往復で3時間以上かかるから、やはり遠い。

今回の旅ではブログには載せなかったが、滋賀の石山寺や京都の詩仙堂も訪れた。

2016/11/28撮影                        奈良県・桜井市
Conv0001_3


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_2


Conv0005_3


Conv0006_2


Conv0007_3


Conv0008_2

2016年12月27日 (火)

東京ドーム イルミネーション

2016/12/19撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年12月26日 (月)

暇な爺の一人旅(15) 滋賀の小さなお寺の日本一の紅葉(3)

もし紅葉の絵を描くなら、こんな色合いが丁度良いと思う。
そして訪れる方が、これ以上増えないことを願っています。


2016/12/1撮影                          滋賀県
Conv0021


Conv0022


Conv0023


Conv0024


Conv0025


Conv0026


Conv0027


Conv0028


Conv0029


Conv0030

2016年12月25日 (日)

暇な爺の一人旅(14) 滋賀の小さなお寺の日本一の紅葉(2)

ここを訪れる日は、決まって雨の日か雨の翌日が多い。
更にあまり日当たりが良くないのか、落葉がしっとりとしていて
いつも綺麗で、特に今年は木に付いてる葉と落葉との量のバランスが
絶妙でした。いっそう紅葉が美しく感じられます。



2016/12/1撮影                                                滋賀県
Conv0011_2


Conv0012_2


Conv0013_3


Conv0014_2


Conv0015_2


Conv0016_2


Conv0017_2


Conv0018_2


Conv0019_2


Conv0020_2

2016年12月24日 (土)

暇な爺の一人旅(13) 滋賀の小さなお寺の日本一の紅葉(1)

5年連続でこの小さなお寺を訪れているが、不思議なことに一度も裏切られたことがない。
寺の名前を書いてもかまわないけど、何となくまだ自分だけのものにしておきたい。
観光バスが来るくらいだから秘密にしてもしょうがないだろうが・・でも、でも
この日は3時間ほどいたが、来た人は10人位でまだまだ少なかったので嬉しかった。


2016/12/1 撮影    日本一の紅葉の寺だと勝手に思っている。             滋賀県
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年12月23日 (金)

暇な爺の一人旅(12)   京都の紅葉(永観堂)

「モミジの永観堂」と言われるほど紅葉は有名ですが、
すでに終わりと聞きながらも、もしかしたらと思い、寄ってみました。
3000本もあるといいますが、まだ2割ぐらいの紅葉があったでしょうか・・・
充分に楽しめました。  やはりここは外せません。
また珍しい「みかえり阿弥陀」にも久しぶりにお逢いできました。


2016/11/30                         禅林寺永観堂Conv0001_2

Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008_2


Conv0009


Conv0010

2016年12月22日 (木)

暇な爺の一人旅(11)   京都の紅葉(南禅寺)

4年前に南禅寺の塔頭寺院のひとつである天授庵で、もの凄い紅葉を見ているので
ここは素通りのつもりで寄ってみでしたが、三門までに少し良い紅葉が残っていました。


2016/11/30                           南禅寺
Conv0001_3


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0008_4

2016年12月21日 (水)

暇な爺の一人旅(10)   京都の紅葉(圓光寺)

ここで一番興味があったのは枯山水の「奔龍庭」であった。
白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組であらわした平成の枯山水。
・・と寺の説明書に書いてあるが、僕には鳴門の渦巻きの方を連想される。
紅葉はダメだったが、この庭の面白さで帳消しにしておこう。

2016/11/30撮影                    京都
Conv0002_4


Conv0003_4


Conv0001_5


Conv0004_3


Conv0005_5

水琴窟
Conv0006_3


Conv0007_4


Conv0008_3


Conv0009_3

2016年12月20日 (火)

暇な爺の一人旅(9)   京都の紅葉(勝持寺)

光明寺前でタクシーに乗ったら運転手さんが教えてくれたのが、この勝持寺で、
まだまだ凄いことになっていました。 ピークを過ぎて半分ぐらい葉が散った時が
2番目のピークではないかと、最近感じています。

2016/10/28撮影
Conv0001_2


Conv0004


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0005_2


Conv0006


Conv0007_2


Conv0008


Conv0009_2


Conv0001

2016年12月19日 (月)

MM21 散歩

車をMM21の赤レンガ倉庫駐車場に入れて、そこから大桟橋、山下公園までの
往復を歩くのが、最近の気分転換の方法の一つになっている。
空や海を見ながら3時間ほど歩くのは本当に気分がいい。


2016/12/8撮影                    みなとみらい21
Conv0001


Conv0002


Conv0001


Conv0004


Conv0005


Conv0005


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年12月18日 (日)

暇な爺の一人旅(8)   京都の紅葉(光明寺)(2)

一人旅は、欲張って結構無理してしまうから疲れます
寂しい時もあります。そんな時は孤独を楽しむことにしています。


2016/11/28撮影                        光明寺
Conv0011_2


Conv0010_2


Conv0012_2


Conv0013_2


Conv0014_2


Conv0015_2


Conv0016_2

2016年12月17日 (土)

暇な爺の一人旅(7)   京都の紅葉(光明寺)(1)

光明寺の「もみじ参道」は有名で紅葉のピークが終わったとはいえ
息をのむほどの、艶やかな紅色のトンネルが続いていた。


2016/11/28撮影                     京都・西山
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_3


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0017

2016年12月16日 (金)

暇な爺の一人旅(6)   京都の紅葉(善峯寺)(2)

善峯寺は何度か来ていますが、いまだに紅葉のピーク時に出会っていません。
今回もそうでしたが、落葉が綺麗だったので、大いに満足しています。


2016/11/28                                     善峯寺・京都
Conv0009


Conv0010


Conv0013


Conv0011


Conv0012


Conv0014


Conv0015


Conv0016


Conv0017_2

2016年12月15日 (木)

暇な爺の一人旅(5)   京都の紅葉(善峯寺)(1)

雨の翌日だったので、ここでも落葉が綺麗だった。
このお寺は展望が良いので、景色を見ながら、ぶらぶら歩くには最適です。



2016/11/28撮影                  善峯寺・京都
Conv0001


Conv0007_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0006_2


Conv0005


Conv0008

2016年12月14日 (水)

暇な爺の一人旅(4)   京都の紅葉(毘沙門堂)(2)

ここでも雨に散り紅葉   目に優しい絵画の様な紅葉はピーク時とは一味違う。


2016/11/27撮影                                           毘沙門堂  ・京都
Conv0008_5


Conv0010_3


Conv0009


Conv0011_3


Conv0012_3


Conv0013_4

2016年12月13日 (火)

暇な爺の一人旅(3)   京都の紅葉(毘沙門堂)(1)

京都初日2ヶ所目は醍醐寺から近い毘沙門堂へ。
ピークの後の少し葉が透けた紅葉は絵画的には一番美しい。


2016/11/27撮影                                           毘沙門堂門跡  ・京都
Conv0001_5


Conv0002_5


Conv0014


Conv0006


Conv0004_4


Conv0005_5


Conv0007_5

2016年12月12日 (月)

暇な爺の一人旅(2)   京都の紅葉(醍醐寺)(2)

2016/11/27撮影                                             醍醐寺・京都
Conv0009_3


Conv0015_2


Conv0013_2


Conv0011_2


Conv0014_2


Conv0012_2


Conv0007_4

2016年12月11日 (日)

暇な爺の一人旅(1)   京都の紅葉(醍醐寺)(1)

今年の京都の紅葉は、11月27日から12月1日までの5日間の一人旅でした。
とにかく今年の紅葉は1~2週間も早く終わって、20日頃には終わりに近づいていました。
2か月前にホテルの予約を入れていたので、変更するわけにもいかず決行しました。
結果は、まったくダメなところ、ボチボチのところ、驚くほど良かったところなどがあり、
これから訪問順に載せようと思います。



2016/11/27撮影      一日中雨で一番好きな日                                   醍醐寺・京都
Conv0001_4


Conv0002_4


Conv0003_4

  秀吉自ら基本設計された、三宝院 庭園
Conv0004_3


Conv0005_4


Conv0010_2


Conv0008_4

2016年12月10日 (土)

あんぽ柿の里   伊達市五十沢地区(4)

柿の木のある珍風景


2016/11/20撮影                  福島県・五十沢地区
Conv0001_3


Conv0002_3


Conv0003_3

柿畑の隣に、おもしろい林を発見。 しかしこの木とつるの格闘は凄い。
Conv0005_3


Conv0006_3


Conv0007_3


Conv0008_3

東北秋田新幹線はカッコいいい。
Conv0009_2

2016年12月 9日 (金)

あんぽ柿の里   伊達市五十沢地区(3)

毎年訪れる目的の一つは柿を買うことです。
今回も自宅と友人宅へ一人で4箱(ミカン箱大で約50個入り)を買って送りました。
自宅で皮を剥いて、天日干しにして約2週間も干せば、甘い、甘いお菓子の様な
干し柿が食べられます。絶品です。 これは毎年欠かさない行事になっています。


12月3日撮影  自宅で干して4日目です。 15日頃から食べられるでしょう。
Conv0001_4

2016/11/20撮影                    福島県・五十沢地区
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2

訪れると直ぐにお茶が出てきます。 なんとも凄い、おもてなしでしょうか。感動もんです。
Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2

表面に蜜が出始めています。
Conv0008_2

2016年12月 8日 (木)

あんぽ柿の里   伊達市五十沢地区(2)

東北新幹線福島駅からレンターカーで約1時間走ると五十沢地区に着く。
この地区は大半が山間の道なので、車でないと移動ができません。



2016/11/20撮影                    福島県・五十沢地区
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0014


Conv0013


Conv0015


Conv0016

2016年12月 7日 (水)

あんぽ柿の里   伊達市五十沢地区(1)

3年連続で柿大好きな、いつもの仲間達と五十沢地区を訪れた。
見渡す限りの柿畑で、その量は大変なもので、壮観である。
多分、収穫は12月半ばまで掛かるでしょう。
今回も何件かの知り合いの農家で作業を見学をさせてもらった。

2016/11/20撮影               福島県・五十沢(いさざわ)地区
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2016年12月 6日 (火)

デジタルアート   雪の赤レンガ倉庫

デジタルフォト研究会  12月例会作品
 
タイトル 雪の赤レンガ倉庫 
 
デジタルフォト研究会 HP http://yumehaitat.exblog.jp/


今回はストレート写真です。
Conv0001

2016年12月 5日 (月)

東京都青梅市  御岳渓谷の紅葉(2)

昨日に続く
毎年、紅葉は信州と京都が主でしたが、今回の御岳渓谷は
大いに気に入りました。渓谷沿いを1万5千歩ほど歩きながらの
撮影も信州、京都にない素晴らしい景観で、どうやら毎年行くことに
なりそうです。


2016/11/17撮影
Conv0008


Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015

2016年12月 4日 (日)

東京都青梅市  御岳渓谷の紅葉(1)

おととい京都から5日間の一人旅を終えて帰ってきました
もちろん紅葉の撮影で今年も腰を抜かすほどの凄い紅葉を見てきました。

17日にデジ研で初めて訪れた御岳渓谷の紅葉も東京とは思えないくらいの
大自然の中の美しい紅葉を眺めることができました。


2016/11/17撮影                       青梅市の山奥・御岳渓谷                            
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2016年12月 3日 (土)

東京都青梅市  昭和デトロ商品博物館

昭和30~40年の頃のお菓子、煙草、薬などの商品パッケージを
中心に集めた博物館で、まさに私にとって懐かしい商品だらけだった。


2016/11/17撮影
Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0001_4


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0008


Conv0007

お疲れになったので一服するレトロな仲間
Conv0009

2016年12月 2日 (金)

東京都青梅市  映画看板の街

デジタルフォト研究会の定期撮影会で初めて青梅市を訪れた。
映画看板一つでも古き良き昭和レトロを演出できるのですから凄い力です。
ただ新しい看板が多かったので、少し汚して古くみせて欲しかった。

2016/11/17撮影
Conv0003


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0001


Conv0002


Conv0001_2

2016年12月 1日 (木)

横浜スケッチ(10)  イチョウ並木 (慶応大日吉校)(4) 

2016/11/23撮影                     日吉校 横浜
Conv0008_2


Conv0009_2


Conv0012_2


Conv0010_2


Conv0011_2


Conv0013_3


Conv0014_2

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント