« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

西馬音内盆踊り(秋田) (5)  難しい撮影

こんなに難しい撮影は初めてです。
街灯以外は照明器具がないのは予想外で、暗闇の中で撮影してるようなものでした。
ファインダー越しで早い動きを追うのは可なり苦労しました。



2017/8/18撮影   西馬音内(にしもない)盆踊り     秋田
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0009


Conv0007

2017年8月30日 (水)

三浦半島スケッチ(36)  送り盆

2017/8/22撮影
Conv0002


Conv0001


Conv0003

送り盆のあと
Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0005_2


Conv0001_4

2017年8月29日 (火)

三浦半島スケッチ(35)  港町を歩く

2017/8/22撮影
Conv0001_6


Conv0002_4


Conv0003_5


Conv0004_4


Conv0005_4


Conv0007_4


Conv0008_3

2017年8月28日 (月)

三浦半島スケッチ(34)   砂模様  

雨の流れでできた面白い砂模様


2017/8/12撮影
Conv0002_3


Conv0003_4


Conv0004_3


Conv0005_3


Conv0007_3


Conv0008_2

2017年8月27日 (日)

三浦半島スケッチ(34)  砂浜の化石

砂浜には将来化石になる・・?物が沢山落ちている。




2017/8/22撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006




2017年8月26日 (土)

三浦半島スケッチ(33)  雨の日

雨の日だけに見せる水玉模様。



2017/8/12撮影                      漁網
Conv0001_4


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0006_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0007_2

2017年8月25日 (金)

三浦半島スケッチ(33)  釣り人・ヨットハーバー

2017/8/12撮影
Conv0001_3


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0006


Conv0005


Conv0008


Conv0007

2017年8月24日 (木)

三浦半島スケッチ(32)  どこも絵になる。

三浦半島は自宅から高速道路で約1時間半と近い。

訪れるのは大半が港で、何処とは決めず一日で半島の半周は回る。

どこを撮っても絵になるので月に2~3回は行くことにしている。


2017/8/12撮影
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007




2017年8月23日 (水)

西馬音内盆踊り(秋田)(4)

19日まで3日間、西馬音内盆踊りをメインに
秋田県内を撮影してきました。 (只今編集中)


2017/8/18撮影    西馬音内(にしもない)盆踊り      秋田
Conv0001


秋田の田園風景は本当に美しかった。
Conv0002


2017年8月22日 (火)

西馬音内盆踊り(秋田)(3)

19日まで3日間、西馬音内盆踊りをメインに
秋田県内を撮影してきました。 (只今編集中)


2017/8/18撮影    西馬音内(にしもない)盆踊り      秋田
Conv0001_2



18日早朝 宿泊ホテルから横手駅周辺1時間の散歩
             野菜と笑いを売る八百屋さん。      横手・秋田
Conv0002_2

2017年8月21日 (月)

西馬音内盆踊り(秋田)(2)

19日まで3日間、西馬音内盆踊りをメインに

秋田県内を撮影してきました。 (只今編集中)

2017/8/18撮影    西馬音内(にしもない)盆踊り      秋田
Conv0001


秋田新幹線
Conv00013

2017年8月20日 (日)

西馬音内盆踊り(秋田)

昨日まで3日間、西馬音内盆踊りをメインに

秋田県内を撮影してきました。 (只今編集中)


2017/8/18撮影        西馬音内(にしもない)盆踊り      秋田

Conv0001_2



田沢湖
Conv0001_2

2017年8月19日 (土)

東林間  阿波踊り(2)

踊るあほうに見るあほうーカメラマンはもっとあほう・・?

どうみても踊り手が一番楽しんでます。

みんな、あほうだけどやめられません。


2017/8/5撮影                    東海岸・神奈川
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0016


Conv0017

2017年8月18日 (金)

東林間  阿波踊り

どの連も、この猛暑の中、休みなく踊りまくる。

本当に凄いことだと思う。普段の日々の練習の成果でしょう。

頭が下がります。


2017/8/5撮影                東林間・神奈川県
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0008_2

2017年8月17日 (木)

京都6日間の旅(32)  京都駅

京都駅は古い都とは反対の超モダンの建物で、お気に入りの駅です。

新幹線がホームに到着して改札口を出ると、もう見慣れた吹き抜けのモダンな

天井を見上げて、ここで京都に来たことを実感する。

期待を込めて、ここから京都の街中に飛び出して行く。

2017/6/17撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

今回宿泊したホテル
Conv0008

2017年8月16日 (水)

京都6日間の旅(31)  高台寺と周辺

高台寺は秀吉への思いがこめられた妻ねねのお寺。

ここでもコケの期待が持てなかったので、簡単に済ませて

6日間の新緑とコケを見る旅は終わりになりました。

次回は雨の多い夏にしましょう。

2017/6/17撮影
Conv0001


Conv0002

高台寺から見た京都らしい風景
Conv0003


Conv0004_2

高台寺内

Conv0005


Conv0006


Conv0007

高台寺の茶屋でくつろぐ女学生
Conv0009


Conv0010



2017年8月15日 (火)

京都6日間の旅(30)  東福寺塔頭 芬陀院

芬陀院は水墨画家「雪舟」の作った庭園があるので「雪舟寺」とも呼ばれている。



2017/6/17撮影  茶室 図南亭
Conv0011_3

 丸窓 はなぜか心が和みます。
Conv0012_2


Conv0013_2


障子紙と障子紙の間に葉を挟んだ引手
Conv0014_2


Conv0015_2

鶴亀庭園   ここもコケが茶色で絵になりません。ガッカリです。
Conv0016_2


Conv0017_3


Conv0018_2

2017年8月14日 (月)

京都6日間の旅(29)  東福寺

ここで特に見たかったのは重森三玲作の東西南北の庭でした。
中でも市松模様の北庭でしたが、コケが水不足で赤茶色になり落ち着きのない
変な庭に見えました。 最近雨が多くなっているので青々としたコケに
変わっているでしょう。



2017/6/17撮影
Conv0011

三門の影
Conv0012

北庭  本当に残念ですがコケがこの通りでした。
Conv0013


Conv0011_2

通天橋
Conv0015

東福寺は紅葉の名所で知られています。
Conv0016

ここからの紅葉が一番有名。
Conv0017_2

南庭  陰ひなたが多いとゆっくり鑑賞ができない。庭は曇りか雨の日に限ります。
Conv0018


Conv0019

2017年8月13日 (日)

大和 阿波踊りは雨ん中(2)

阿波踊りは本当に美しい。日本の誇る文化です。

2017/7/29撮影  雨でびっしゃり濡れても踊り続けるのはお客さん
へのサービスでしょうか。 一番楽しんでいるのは御本人でしょうね。
Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0016

凧踊り
Conv0017


Conv0018


Conv0019

2017年8月12日 (土)

大和 阿波踊りは雨ん中   

この暑い時期の夜は阿波踊りを見に行くのが恒例になっている。

しかし、この蒸し暑い夜に、出掛けるのは相当の覚悟がいる。

結構激しい動きなのでシャッターチャンスが難しく,頭に描いているような

写真を撮るのは皆無に近い。 だからこそ何回も行くことになる。

雨の中でも終わりまで踊ってくれた凄い根性には脱帽です。



2017/7/29撮影                  大和市・神奈川
Conv0011

この湘南なぎさ連は踊りがうまくて一番印象に残った。
Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0016



Conv0019


Conv0018


Conv0017

2017年8月11日 (金)

京都6日間の旅(28)  南禅寺と塔頭天授庵

2017/6/16撮影       南禅寺三門
Conv0011


Conv0012

大きいカメラを持っていると撮影をよく頼まれる。
そこでこちらも1枚記念写真を撮らしてもらう。
Conv0013

南禅寺境内にある琵琶湖疏水の水道橋(水路閣)
Conv0014


Conv0015

天授庵     枯山水庭園
Conv0018

天授庵 上と同じ場所 2011/11/27撮影の紅葉
Conv0017

天授庵
Conv0016

天授庵 上と同じ場所 2011/11/27撮影の紅葉
Conv0019

2017年8月10日 (木)

京都6日間の旅(27)  永観堂

広い境内は人影も少なく、紅葉の時期には想像もできない静けさで、

新緑とコケを十分に堪能することができた。

2017/6/16撮影
Conv0008


Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年8月 9日 (水)

京都6日間の旅(26)  永観堂 春もみじ

もみじの永観堂と呼ばれるほど秋の紅葉は有名だが、

このように春紅葉も本当に綺麗でした。

2017/6/16撮影
Conv0001_2


Conv0002_3


Conv0003


Conv0001_4


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年8月 8日 (火)

京都6日間の旅(25)  哲学の道 「まさふみ・かい」画伯

哲学の道の中頃に小さな歩道用の橋がある。その橋の上でエンピツで絵を描いている

画家がいる。何度か会っているが、今回、ハガキサイズのプリントで500円だったので

1枚買ってみた。京都を細密画で丁寧に描かれている。次回はオリジナルを買ってみよう。

こんなのも旅の楽しみの一つ。



2017/6/16撮影  記念にサインをしてもらうと「まさふみ・かい」とあるが
漢字名が分からない。
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006

道の隅にシダが日にあたり輝いていた。
Conv0007


Conv0001

2017年8月 7日 (月)

京都6日間の旅(25)  哲学の道

琵琶湖疏水分線に沿った歩道で、京都で最も人気のある散歩道。
シーズンオフのこの日はほとんど人影がなく最高の散歩でした。

2017/6/16撮影
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年8月 6日 (日)

京都6日間の旅(24)  法然院

小さなお寺だが好きなお寺の一つ。
ここにいると、どのお寺より時間がゆっくり流れているような感じがする。
拝観料無料は珍しい。


2017/6/16撮影    特に茅葺で数奇屋造りの山門は絵になる。
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009

2017年8月 5日 (土)

京都6日間の旅(23)  銀閣寺

この日は哲学の道をプラプラ歩いて道沿いのお寺に寄る。

銀閣寺→法然院→永観堂→南禅寺塔頭(天授庵・南禅院・金地院)

コケと新緑の良いお寺が沢山あるので、1万5千歩と頑張った。

2017/6/16撮影                   金閣寺
Conv0008

銀閣寺の裏山は苔と緑が美しく、なかなか見応えがありました。
Conv0001_3


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年8月 4日 (金)

京都6日間の旅(22)  鷹峰山源光庵

丸や四角の窓を通すと風景が違って見えるから不思議。

紅葉の時期にも来たいところです。

2017/6/15撮影  丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」
Conv0002


Conv0003_5


Conv0003


Conv0004_5


Conv0001_2

「そうだ 京都、行こう」の2014年のポスター

「悟りの窓」と名づけられた丸窓は禅と円通を表し、
角窓の「迷いの窓」は生死病死と四苦八苦を表しているという。
Conv0001_4


Conv0006_5


Conv0007_5

2017年8月 3日 (木)

京都6日間の旅(21)   今宮神社

玉の輿神社”こと今宮神社は開運・良縁のご利益があるそうで、

1時間ほどで3組の新婚さんに出会った。  なるほど~納得・・



2017/6/15撮影
Conv0001_4

有名なあぶり餅を売る老舗が2軒向かい合っていて、
一和が創業1000年、かざりやは600年というから呆れる。
それほど美味いとは思わないけど・・・
Conv0002_2

Conv0001


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2


2017年8月 2日 (水)

京都6日間の旅(20))  龍源院  

この日は大徳寺塔頭・龍源院→今宮神社→鷹峰山源光庵で1万三千歩。

一番見たかった高桐院は修理の為10月末まで拝観中止。

高桐院には歌舞伎の創始者と言われる出雲の阿国の墓が、

あるというから驚く。



2017/6/15撮影                     龍源院
Conv0001_6

とにかく、水不足でコケが赤茶になり石庭も絵にならない。
Conv0002_5


Conv0003_4


Conv0004_4

日陰だとコケもこんなに綺麗なのに残念です。
Conv0005_4


Conv0006_4


Conv0007_4


Conv0008_4

2017年8月 1日 (火)

京都6日間の旅(19)  嵯峨野 二尊院

ここは嵯峨野1番の紅葉のメッカなのでコケよりは新緑を期待していたが、

まさに青々とした新緑のジャングルは凄かった。



2017/6/14撮影                 二尊院
Conv0001_5


Conv0002_4


Conv0003_3


Conv0004_3


Conv0005_3


Conv0006_3


Conv0007_3


Conv0008_3

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »