« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

富士山一周(3) 西湖・野鳥の森

2018/1/15撮影  西湖
Conv0016


Conv0017


Conv0018

野鳥の森公園    広場に木の枝の山を作り
水をかけて、氷のアートを作っています。
Conv0019


Conv0020


Conv0021


Conv0022


Conv0023


Conv0024

2018年1月30日 (火)

富士山一周(2)  山中湖・河口湖

富士山を撮っていて、後ろを振り向くと

面白い雲が出ていた。



2018/1/15撮影  山中湖  
Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015

河口湖
Conv0001_2


Conv0011


Conv0009


Conv0010

2018年1月29日 (月)

富士山一周  山中湖

恒例の新年早々の富士山一周は山頂に雪が少なくて15日に延期する。

横浜の自宅出発朝5時→帰宅午後8時の日帰りコース

山中湖→河口湖→西湖→野鳥の森→精進湖→本栖湖→田貫湖



2018/1/15撮影   朝7時 山中湖近くより
Conv0001

山中湖の日の出     7時18分
Conv0002

パノラマ台から
Conv0003


Conv0004

湖畔から
Conv0005


Conv0006

10時の餌付け
Conv0007


Conv0008

2018年1月28日 (日)

京都 (7)   早朝の清水寺周辺   三年坂(2)

8時過ぎると店の店員さんの出勤が目立つ。
京都で特別に行きたい所があるわけじゃないが、
この早朝散歩だけは欠かせない。 あとの時間は付録のようなも。


2018/1/8撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2018年1月27日 (土)

京都 (6)   早朝の清水寺周辺   三年坂

7時になっても人の気配がほとんどない。
時々、早朝散歩の人が通るぐらいで、
日中の混雑が嘘のようだ。



2018/1/8撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0005


Conv0006


Conv0004

2018年1月26日 (金)

京都 (5)   早朝の清水寺周辺 「八坂の塔」

法観寺五重塔、通称「八坂の塔」は京都東山のシンボル的存在。

人気のない「八坂の塔」が見える路地を歩く。

雨も上がり、静寂な闇夜が心地良い。


2018/1/8撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006

2018年1月25日 (木)

雪の贈り物(2)    大雪の翌日の自宅周辺

朝日が当たり始めると遠くの方で朝霧が発生して、どんどん大きくなって
近付いてきた。 滅多に見られないラッキーな朝だ。
太陽の力は偉大なり。

2018/1/23撮影                  早渕川 横浜
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0001_2


Conv0012


Conv0014


Conv0013


Conv0015

自宅の紅梅
Conv0016

2018年1月24日 (水)

雪の贈り物    大雪の翌日の自宅周辺

大雪は生活面では多大な被害を出している。
半面、いつもは見られない、美しい光景を演出してくれる。
自然界も人間に気を使っているのかな。

2018/1/23撮影                   朝6時53分日の出  
Conv0001

 早渕川      横浜
Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2018年1月23日 (火)

京都 (4)   早朝の清水寺周辺

誰もいない、千年の都の路地を一人歩くのは、

なんとも心地良く、夢を見ているような一時を過ごした。

昨日(22日)は横浜も大雪が降り、忙しい一日だった。
今日も朝早くから撮りに出かけよう。

2018/1/8撮影          八坂の塔
Conv0001


Conv0003


Conv0002


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2018年1月22日 (月)

京都 (3)  先斗町

昨年は雪の金閣寺を撮ることができたので、
今年も貴船神社など京都の雪景色を撮ってみたい。



2018/1/8撮影
Conv0015


Conv0016


Conv0018


Conv0017


Conv0020


Conv0019


Conv0021

2018年1月21日 (日)

京都(2)  先斗町の舞妓さん

先斗町を歩いていると突然店から舞妓さんが現れた。

新年の挨拶回りのようだ。 だから、ここは面白いのだ・・




2018/1/8撮影
Conv0008


Conv0009_2


Conv0010


Conv0011


Conv0012

これは凄い・・豪華なだらりの帯
Conv0013

突然のことでうまく撮れない。
Conv0014

2018年1月20日 (土)

京都  先斗町

昨年は京都に6回訪れた。

今回は静かな京都を味わいたくて、混雑を避け、

1月7日から10日まで滞在した。

雨の中、滞在したホテルに近い先斗町をプラプラ歩く。


2018/1/8撮影     京都の雰囲気が一番の残る裏道・・?
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2018年1月19日 (金)

三浦半島スケッチ(60) 海岸の大根干し(7)

大根や沢庵に興味があった訳ではなく、海岸の大根干しの美しさに魅了
されて撮影回数が増えました。深く掘り下げて撮る意思はありません。


2017/12/15撮影  

収獲中の大根を切って頂きました。
想像以上に甘く美味くてビックリしました。これを漬けた沢庵は相当美味いでしょう。
この松本農園では10万本漬けるそうです。
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012

落ちそうで落ちない・・積み形にも自信があるようです。
Conv0013_2


Conv0014


Conv0015


Conv0016

2018年1月18日 (木)

三浦半島スケッチ(59) 海岸の大根干し(6)

海岸以外でも道路や畑の脇などに沢山干してある。

干すのは沢庵用で,それはほんの一部であり、収穫してすぐに出荷するのが

大半でしょうか。 大きな農園では15万本も出荷するそうです。

2017/12/15撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003

自宅用でしょうか。
Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0008


Conv0007

2018年1月17日 (水)

三浦半島スケッチ(58) 海岸の大根干し(5)

干し終わった大根は葉と根本5~10㎝のところで切り落として
トラックに積み、残した部分は後から回収して廃棄処分に。

2017/12/15撮影                   三浦海岸
Conv0001_4


Conv0002_2


Conv0003_3


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007


Conv0008_2

2018年1月16日 (火)

三浦半島スケッチ(57) 海岸の大根干し(4)

三浦は大根の生産量日本一です。
温暖な気候と細かい土が大根に適しているようです。

沢庵用の青首大根は4日前後天日干しした後に漬けます。
今年はまだ行ってませんが、この海岸の大根干しは1月も続くようです。


2017/12/15撮影            三浦海岸
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0008


Conv0001_3

2018年1月15日 (月)

北信州雪景色  小川村(6) 林りん館 晴れた日は

今回は曇りで北アルプスは見えませんでしたが、
晴れた日は北アルプスの全体が見えます。



2014/1/7撮影  林りん館に宿泊した朝、2階部屋から            
Photo

宿のペットはヤギ  1階で朝食事中に挨拶に来ました。
Conv0001

鹿島槍ヶ岳
Photo_2

五龍岳
Photo_3

唐松岳
Photo_4

2013/11/14撮影  凍りが張る前は特に美しい。   聖高原
11141


11143


2018年1月14日 (日)

北信州雪景色  小川村(5) 柿木(2)

赤い実を付けた柿木が沢山あるので、時間をかけて探せば

他にも写真に最良の場所が有るかもしれません。

2017/12/28撮影
Conv0008_2


Conv0009_4


Conv0002_6


Conv0010_3


Conv0011_3


Conv0012_3


Conv0013_3


Conv0014_3

2018年1月13日 (土)

北信州雪景色  小川村(4)  柿木

小川村には柿木が沢山ありました。

2017/12/28撮影                   小川村
Conv0001_4


Conv0002_5


Conv0003_3


Conv0004_4


Conv0003_4



Conv0005_4


Conv0002

2018年1月12日 (金)

北信州雪景色  小川村(3)

2017/12/28撮影    村営の林りん館(宿泊施設)からの眺め。
Conv0013_2

グラフィック・デザインのようで、とても好きな構図です。
Conv0009_2


Conv0010_2


Conv0011_2


Conv0012_2


Conv0014_2


Conv0015_2


Conv0016

2018年1月11日 (木)

北信州雪景色  小川村(2)

程良い積雪で、とても綺麗でした。


2017/12/28撮影
Conv0001_3


Conv0002_4


Conv0003_2

リンゴ畑
Conv0004_2

高山寺
Conv0005_2

戸隠奥社  参道は雪が多くてスノーシューかスキーがないと歩けません。
Conv0006_2


Conv0008

2018年1月10日 (水)

北信州雪景色  小川村(おやき村)

信州の郷土食おやき
小川の庄おやき村では、囲炉裏で焼いてもらい食べることができる。
ここのおやきは本当にうまいので、他では買ったことはない。
ここには売店と食堂もある。
直営店は長野県内に3店舗あるが、通販でも何人かの友人が買っている。

2017/12/28撮影                    小川村
Conv0001_5


Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014

2018年1月 9日 (火)

北信州雪景色   聖高原(6)

ここには沢山の別荘がある。
冬でも暮らしている人が結構いるようです。


2017/12/28撮影                     信州
Conv0001_2


Conv0002_3


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2018年1月 8日 (月)

北信州雪景色   聖高原(5)

木から落ちる新雪に、木漏れ日が当たり、美しく輝く。

2017/12/28撮影                     信州
Conv0008_2


Conv0009


Conv0010


Conv0011



Conv0001


Conv0002_2


奥に愛車が
Conv0014

2018年1月 7日 (日)

北信州雪景色   聖高原(4)

只今旅行中

2017/12/28撮影                   信州
Conv0001_4


Conv0002_4


Conv0003_5


Conv0004_4


Conv0005_4


Conv0006_4


Conv0007_3

2018年1月 6日 (土)

北信州雪景色   聖高原(3)

雪の重みで、落ちた雪が舞い上がり、これが何とも幻想的な光景になる。


2017/12/28                                               信州
Conv0001_3


Conv0002_3


Conv0003_4


Conv0004_3


Conv0005_3


Conv0006_3


Conv0007_2

2018年1月 5日 (金)

北信州雪景色   聖高原(2)

霧氷はこれからもっと冷えて綺麗になりますが、

12月だとまだまだです。

2017/12/28撮影                     信州
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0002_2





Conv0001

2018年1月 4日 (木)

北信州雪景色   聖高原

今回は聖高原→小川村→戸隠高原のルートで日帰りのコース。

前日まで2日間大雪が降ったので、12月としては雪が多く、寒さも加わり

霧氷が綺麗だった。


2017/12/28撮影                     信州
Conv0001


Conv0004



Conv0002


Conv0003





Conv0005


Conv0006

2018年1月 3日 (水)

北信州雪景色   上信越道から

冬に入ると一日も早く雪が見たくなる。
早速、写友を誘い信州に行くことにした。
スノータイヤと四駆で雪道にも準備万端である。

2017/12/28撮影        軽井沢を過ぎて、正面にはまだ雪がない浅間山
Conv0001_2


Conv0002

東部湯の丸SAからの雪景色
Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0008

長野道姨捨SAから千曲川
Conv0006_2


Conv0007


Conv0009

2018年1月 2日 (火)

東京スケッチ(70)  正月を待つ銀座

午前中は人が少なかったが、午後になるとデパートの駐車場に入る車の
長い列ができていた。大晦日でも普段と変わらない。
元旦から福袋に群がる人達をニュースで見ると、自分とは違う
人種がいることに驚く。理解できない。

2017/12/31撮影                   銀座・東京
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_3


Conv0001


Conv0005


Conv0006

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年   2018(平成30年) 元旦 戌年

明けましておめでとうございます。


Conv0001

このブログも今日から4年目に入りました。

最近、ブログの存在意味を考えています。

取りあえず、このまま続けますが・・・どうなりますか。


2017/1/16撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »