« 仁和寺と御室派のみほとけ展 (2)  東京国立博物館 | トップページ | 東京スケッチ(75)  銀座スナップ(10) »

2018年2月25日 (日)

仁和寺と御室派のみほとけ展 (3)  東京国立博物館

今回の超目玉は国宝 千手観音菩薩坐像
奈良時代・8世紀 大阪・葛井寺(ふじいでら)蔵

千手観音像は、40本の手で千手をあらわすのが一般的だが、
本像は大手・小手あわせて1041本をもち、合掌した手を中心に
千の手が広がる本像の表現は見事である。

千本以上の手を持つ千手観音像は、本像しか確認されていない。

これは撮影禁止なので売店で買ったクリァファイルからコピー

2018/2/16撮影                      上野公園内
Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014

脇手は持物をもつ大手38本、小手1001本(右500本、左501本)
本当に作っちゃう仏師がいたとは、驚きです。

Conv0015


Conv0016


Conv0017

« 仁和寺と御室派のみほとけ展 (2)  東京国立博物館 | トップページ | 東京スケッチ(75)  銀座スナップ(10) »

美術」カテゴリの記事