« お気に入りのジャズのCD    | トップページ | 京都にて    裏道歩き »

2018年6月26日 (火)

お気に入りのジャズのCD (2)   

ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)
の完全未発表スタジオ録音が、録音から55年を経て奇跡の発掘!された。
早く聴きたいが、まだ入荷されていないようだ。


最近買った、お気に入りの10枚  (このほとんどの演奏者はYouTubeで観られる)

鬼才セロニアス・モンク、1971年のソロとトリオのスタジオ録音。
汗だくの背広が凄い。撮影はジャズ・フォトグラファーとしても高名な中平穂積氏。
ジャズファンでない人もユーチューブで観て欲しい。きっと自作の曲や姿に驚くでしょう。
Conv0001_2

今一番好きな歌手メロディ・ガルドー。ヨーロッパの300公演以上から
自ら厳選した曲を収録。ジャケット写真も自ら志願したもので、気合が
入っている。バックの演奏も半端じゃなく凄い。

Conv0002_2

ジャズはこんなジャケットが良いんだ。
Conv0005_2

トランぺッター/シンガー、21歳のアンドレア・モティスがソロ・デビュー!。
彼女のアイドルはサッチモとチェット・ベイカー。ペットよりう歌がいい。
Conv0006_2

ミヤミステー・トリオ。刺激的な演奏ではないが、ジャケットは忘れられない。
Conv0003_2

ピアニスト リサ・ヒルトンによる2管クインテット。カラフルな音符が踊るような
リサのプレイが美しい。大胆なジャケットが凄い、
Conv0004_2


これぞ哀愁ジャズの決定盤!ダスコ・ゴイコヴィッチ絶頂期の名作。
ジャケットが素晴らしい。

Conv0001_2

久々にキース・ジャレットを買ったが、これは彼の最高傑作じゃなかろうか・・?
ピアノソロが多かったが、やはりこのようなトリオ演奏が好きだ。
Conv0009_2

こんな妖艶なジャケットはそうは無い。
Conv0008_2

名ドラマー、グラディ・テイトのヴォーカルは本当にうまい。
ジャケットはタイトル「ドリーム・ラヴ」にピッタリ。
Conv0010

« お気に入りのジャズのCD    | トップページ | 京都にて    裏道歩き »

CD・レコード」カテゴリの記事