« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

フォトコラージュ Misterioso-41

2019  8月



地下からの脱出  地下鉄マキノ駅
Conv0002_20190830173301

2019年8月30日 (金)

フォトコラージュ Misterioso-40

2019 7月


 3個のゲージ
Conv0004_20190819170101

2019年8月29日 (木)

フォトコラージュ Misterioso-39

2019  7月



Conv0001_20190828214701

2019年8月28日 (水)

フォトコラージュ Misterioso-38

2019 7月


遠い国から来た男     今は大親友です。
Conv0001_20190827175301



2019年8月27日 (火)

すぎさった時間 (9)

2019/6  京都

 

早く知らない街をブラつきたい。まだ体調のOKがでない。

猫を飼いたいんですが、家内がNOなのでダメなんです。

Conv0001_20190819170101

Conv0001_20190827152701

2019年8月26日 (月)

すぎさった時間(8)

2019   横浜


光と影
Conv0008_20190819000401

2019年8月25日 (日)

フォトコラージュ Misterioso-37

2019  8月

クジャク花
Conv0007_20190819000501

2019年8月24日 (土)

すぎさった時間(7)

2019  東京


Conv0006_20190819000401

 

接吻    クリムト 1908
Conv0001_20190824143901

2019年8月23日 (金)

すぎさった時間(6)

2019  上野公園 東京



Conv0001_20190822075301


2019年8月22日 (木)

すぎさった時間(5)

2019  京都


最近、自分のブログは半月ほどは前に予約登録することが多い。
旅から帰ってくると、その旅日記を1ヶ月もまとめて予約してしまう。
見てくれる方は退屈でしょうが、記事にすることで、もう一度旅を楽しめる。

すると、いつの日に何の記事を書いたか、まったく忘れてしまう。
毎朝起きて確認すると、他人のブログを見るように、結構新鮮である。

気が向くと写真を変更したり、追加したり、今日のように文章を追加したりで、
自由気ままに。

今日の写真にはビックリ‼‼




Conv0004_20190818200601

2019年8月21日 (水)

すぎさった時間(4)

2014   富山



Conv0003_20190819000601



2019年8月20日 (火)

すぎさった時間(3)

2018 京都



Conv0002_20190818200701

2019年8月19日 (月)

すぎさった時間(2)


東京  2019/7月


Conv0001_20190818200601

2019年8月18日 (日)

ジャズを安く楽しむ方法

2019/8月

ジャズ・トランペットの火の玉小僧
リー・モーガンの初期(デビューの作品は18歳)の作品が
多く入っている廉価盤。レコードが12枚分(CD6枚)で2000円也。
音はほぼ満足で、約420分(7時間)は楽しめる。
彼の初期の作品はあまり持っていなかったので、これで充分。

Conv0001_20190817070301

1956-1962年の中からリーダー作
Conv0002_20190817070301 

内容が直ぐ分かるような自作の一覧表
Conv0003_20190817134401

Conv0004_20190817134401


Conv0005_20190817134401 
下記の2枚は誰でも通るジャズの道。

「ザ・サイドワインダー」リー・モーガンの一番のヒット作。
                                                   1963年
Conv0006_20190817134401

モーニン /アート・ブレイキー(ds)&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 1960年
リー・モーガンは永い間このグループで活躍していた。
モーニンはBSNHKテレビの「美の壺」のテーマ曲として使われている。
この番組のバックは全部がジャズが使われていて嬉しい。NHkやるよ・・
                                                       
そして、1961年元旦の夜、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ
の一員として羽田空港に降り立ちました。
それから、日本のジャズの一大ブームが始まったのであります。
当時のCDやDVDを見るとジャズに、のめりこんでいった高校時代を思いだします。

Conv0007_20190817134401





2019年8月17日 (土)

すぎさった時間(1) 写真はJAZZ

2019/8月  親友から教えてもらった本から (野寺治孝著)


アドリブ・・・インプロビゼーション・・・感性

一瞬の切り取り・・・確かに写真とJAZZは似ている。


Conv0001_20190816091701


写真はジャズ・・確かにいい写真を見ているとジャズが聴きたくなる。

Conv0002_20190816091801 

自分が撮った写真は、ほとんどが好きです。

何故、嫌いなものがあるのか、僕には理解できない。

撮った写真が、その人そのものなんだから、

出来が良い、悪いはあるだろうが、嫌いはないだろう。


Conv0003_20190816091801







2019年8月16日 (金)

素晴らしきレコードジャケット (15) ブルーノートレーベル(2)

2019/8月

ジャズ通には僕の記事は、ほとんど役に立たないでしょう。
コレクターでもなく、自分の好きなものを押し付けようなどと
考えたこともない。好きなものを、好きなように書いているだけです。
誤字はあるし、途中で記事を変えたりで、ブログなどはその程度で良いのです。
頑張り過ぎると、疲れるし挫折しちゃうからね・・
ジャズの事を書いてると、ジャズのCDを片っ端から聴いたり、
CDをやたら買ったりで相当刺激を受けているのが分かるよ。
結局は自分の為にやっているんだよな~・・
だから、です。ます。は使いたくないのです。

昨日に続きブルーノートから8枚です。
色のついた文字と写真の組み合わせと配置が絶妙です。
なんと云っても一度見たら忘れられなのが凄いです。
最近のCDはジャケットデザインがまったく面白くありません。
昔に比べて買う楽しみが激減しています。

★Little Johnny /ジョニー・コールズ 1964作

Conv0001_20190814113501

★Trompeta Toccata/ケニー・ドーハム 1964作

Conv0002_20190814113501

★Rumproller/リー・モーガン 1965作

Conv0003_20190814113501

★Here to Stay/フレディー・ハバード 1962作

Conv0004_20190814113501

★スイング・スワング・スインギン /ジャッキー・マクリーン 1959年

Conv0005_20190814113501

★チュニジアの夜  /アート・ブレイキー  アート・ブレイキー&
     ザ・ジャズ・メッセンジャーズ 1960年

Conv0006_20190814113501

サムシン・エルス/キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス
                   1958年作
何を語ろう、あまりにも有名すぎる作品。
Conv0001_20190816225201

VERTICO/ジャッキー・マクリーン 1959年
タイトルとマクリーンの文字を大胆に崩している。
Conv0002_20190816225201

2019年8月15日 (木)

素晴らしきレコードジャケット (14) ブルーノートレーベル(1)

2019/8月


ブルー・ノート(blue note) 1939年にNYにて誕生。
史上最強のジャズ・レーベル、今年でブルーノートの創立80周年。

演奏内容、ジャケットデザイン共にジャズそのものです。
このようなジャズレーベルにめぐり逢えたことに感謝します。
文字をアートにしたリード・マイルスのデザインは、
この5枚以外にも沢山ありますが、特に気に入ったものです。
また、このジャケットを見てるだけで、すぐに聴きたくなるのは、
ブルーノートマジックに掛かってしまうからでしょうか。
当然、今も聴いています。


★ライト・ナウ  /ジャッキー・マクリーン(as)1965年

BN-4215
Conv0001_20190812133601
★イン・ン・アウト/ジョー・ヘンダーソン(ts)1963年

BN-84166
Conv0002_20190812133601 
★Happy Frame of Mind/ホレス・パーラン(p)1963年

BN-8413
Conv0005_20190812133601  

★アス・スリー  / ホレス・パーラン(p)1960年

BN-84087    特にのこれは名盤です。
Conv0003_20190812133601

★レット・フリーダム・リング/ジャッキー·マクリーン(as)1962年
 
BN-84106
Conv0001_20190812153401



 

2019年8月14日 (水)

素晴らしきレコードジャケット (13) ヘレン・メリル

2019/8月

★ヘレン・メリル with クリフォード・ブラウン/(1954作)

『You'd be so nice to Come Home to? 帰ってきてくれたらうれしいわ』
でおなじみの、ヘレンメリル。
ニューヨークのため息と称されたハスキー・ヴォイスの歌姫による最高傑作。
共演の夭逝したクリフォード・ブラウンのトランペットがむせび泣く。

有名なジャケットだが、熱唱するメリルの声が聴こえてくるようだ。
Conv0001_20190812075001 

★実は幻のシングル盤3タイトルが存在した!!
世界初CD化となる本シングル盤のデザインは、
オリジナル・ジャケットを凌駕するといっても過言ではない。
昨年、ディスクユニオンから完全な形で復活された。

この二枚の写真も涙もん。
Conv0003_20190812075001


Conv0004_20190812075001


Conv0005_20190812075001 

★ヘレン・メリル・ウィズ・ストリングス
何んとカッコいいスタジオジャケットだろう。
ため息の出るような愛の歌を聴かせる一枚。

Conv0006_20190812075001

★一番聴いたのがこのCD。買った当時はLPだった。
山本邦山の尺八がここまでの音が出るとは知らなかった。
尺八のイメージがガラリと変わり、日本語で歌うメルリの
ハスキー・ヴォイスがピッタリと合っている。
Conv0007_20190812075001

2019年8月13日 (火)

素晴らしきレコードジャケット (12) ジャッキー・マクリーン トミー・フラナガン

2019/8月

今日は面白いCDジャケット2枚の話。

★イッツ・タイム/ジャッキー・マクリーン(as)
ブルーノート1964年録音

スピード感のあるジャッキー・マクリーンの人気盤で、
このアルバムの図案は一度見たら忘れられない。

ところで、
エクスクラメーション・マーク(ビックリマーク)‼‼‼が何個あるか・?
              
Conv0001_20190811063901
                                          正解は218個

★オーバーシーズ (Overseas)/トミー・フラナガン(p) 
1957年にストックホルム録音

トミー・フラナガンの最高傑作ピアノ・トリオで
このジャケットも凄い。こんなのはジャズ以外にはないだろう。
ところで
このCマークは何個ですか・・?
Conv0002_20190811063901 

                   正解は160個

★別ジャケット プレスティジ(Prestige)
Conv0003_20190811063901 

★発売当時のオリジナルジャケットはこちら。
スウェーデンのメトロノーム(Metronome)社から
3枚のEP盤としてリリースされたもの。

3年ほど前、この3枚組のオリジナルLPが15万円で
横浜ディスクユニオンの店に飾ってありましたが、直ぐ売れました。

Conv0004_20190811063901

2019年8月12日 (月)

素晴らしきレコードジャケット (11) ちやきなおみ

2019/8月

今日から好きなCDを取り上げます。

朝日のあたる家/ちやきなおみ(CD)

日本一の演歌歌手。「紅とんぼ」に代表されるようドラマチックな
表現は涙もんです。
Conv0001_20190810163101
Conv0002_20190810163101 
この中の「片情(かたなさけ)」の声の抑揚には驚く。
他の誰にも真似できない音程のコントロールの凄さは
何百回聴いても惚れ惚れするし飽きない。
Conv0001_20190810174001 
1992年9月の夫の郷鍈治との死別をきっかけに一切の芸能活動を休止し、
引退同様の状態となった。芸能活動休業後も毎年のようにベスト盤を出すが
2000年に発売された6枚組CD-BOX『ちあきなおみ・これくしょん ねえあんた』
は4万セット以上を売り上げ、異例のヒットとなった。

Conv0001_20190810173201

船村徹の曲が一番相性がよかった。再起を一番願ったのも彼だ。 
Conv0003_20190810174001
ビル・エヴァンスの一番人気のアルバムは(左)『ワルツ・フォー・デビィ』の
シルエットのジャケットを真似した(右)「あまぐも」のCD。

Conv0004_20190810174001 
内容は河島英五と「夜へ急ぐ人」でおなじみの友川かずきが作品提供で11曲。
Conv0006_20190810163101

2019年8月11日 (日)

素晴らしきレコードジャケット (10) 八代亜紀

2019/8月

愛の終着駅/八代亜紀 LP2枚組30曲入り(制作日不明)

写真の通り本当に綺麗です。歌声もハスキーで独特の抑揚があり痺れます。

演歌も大好きで、ちあきなおみ、八代亜紀、五木ひろし、
が僕の御三家。
ジャズに疲れたら一日中演歌を聴くのも悪くない。
Conv0001_20190810004801 

蝶・昆虫は僕の密かなコレクションで本物です。
Conv0002_20190810004801

ジャケット裏 いい曲が一杯入ってます。
Conv0003_20190810004801

2年前に発売され直ぐに売り切れになったCD「夜のつづき」のCD。
ジャズも4曲入りバックの演奏がエリック・ミヤシロ(tp)の
ビックバンドで一流のジャズマンのソロも聴ける。
演歌を除く最近の最高傑作だと思う。
Conv0001_20190810083201

Conv0005_20190810004801






2019年8月10日 (土)

素晴らしきレコードジャケット(9) 横尾忠則

2019/8月

一柳慧作曲「オペラ横尾忠則を歌う」

当時、アングラ劇、サイケデリック・アートなどが流行り
その広告やポスターに横尾忠則が大活躍していた。
ドロドロした日本的なポスターに興味があり、買ったレコードである。
ピクチャーレコード2枚組 今、中古で85000円らしい。

現代音楽家一柳慧ミーツ横尾忠則 1969年作
自主レーベル”THE END RECORD”

Conv0001_20190809112001

ジャケット裏
Conv0002_20190809112001

ピクチャーレコード4面
Conv0003_20190809112001


Conv0004_20190809112001


Conv0005_20190809112001


Conv0006_20190809112001 

天才 寺山修司の劇場「天井桟敷」のポスターが沢山載っている。
「腰巻お仙」「大山デブコの犯罪」などタイトルだけでもサイケだ。
寺山修司は生きていて欲しかった。
Conv0007_20190809112001








2019年8月 9日 (金)

素晴らしきレコードジャケット(8) マイルス・デイヴィス

2019/8月

50年前に買ったレコードがこれです。
COOKIN'  / Miles Davis Quintet/ PRESTEGE 7094

プレステッジ・マラソンセッション / Miles Davis Quintet】
Miles Davis (Tp) John Coltrane (Ts)
 Red Garland (P)Paul Chambers (B)
 Philly Joe Jones (Ds)
 1956年5月11日 同年10月26日吹き込み

プレステッジ時代の最高峰!  
JAZZ専門レーベルからメジャーなレコード会社に移籍する為に僅か2日間で
4枚分を驚異的なスピードで録り終えたという、通称 "マラソン・セッション"
マイルスお得意の "ミュート・トランペット" がこの時期に確立されている。
「卵の殻の上を歩くプレイ」と形容された、マイルス特有の演奏をこれで
初めて知った。
映画「死刑台のエレベーター」のサントラは全編マイルスの
ミュート・トランペットが気だるく怪しげな雰囲気を出している。

リード・マイルスのイラストも抜群で忘れられないジャケット。

Conv0001_20190808185901

この中の一曲「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」は
僕のジャズの原点であり、マイルスの原点である。
一生聴き続けたい一枚です。
Conv0002_20190808185901

4部作の残りの3枚もすべて傑作作品。
■RELAXIN' / PRESTEGE 7129
Conv0002_20190807221501

■STEAMIN' / PRESTEGE 7200
Conv0003_20190807221501

■WORKIN' / PRESTIGE 7166
Conv0004_20190807221501

映画「死刑台のエレベーター」のサントラ盤
Conv0001_20190808214101

Conv0002_20190808214101

 

 

2019年8月 8日 (木)

素晴らしきレコードジャケット(7) ジョニ・ジェイムス

2019/8月

I'M IN THE MOOD FOR LOVE   /JONI JAMES ジョニ・ジェイムス
‘アメリカの歌の恋人' 彼女の歌声は甘くキュートでときにセクシーです。
Joni James(vo), David Terry(cond)
■Recorded in New York City, 1955

一時ジョニのCD,LPを10枚以上持っていましたが、今はこれ一枚だけ。
これは、他では見られない大胆な顔のジャケットで惚れています。

Conv0001_20190807144601


Conv0002_20190807144601

1950年代の歌はこんな昔の簡単なプレイヤーの音で聴くのがピッタリ。
Conv0003_20190807144601






2019年8月 7日 (水)

素晴らしきレコードジャケット (6) アート・ファーマー

2019/8月

ART / ART FARMER アート・ファーマー (トランペット )
1960年録音の『アート(Art)』という盤である。
絵画風ジャケットがいい。このLPオリジナルジャケットは
再発盤に比べて格段に色が良い。

名手トミー・フラナガンをバックに美しいスタンダードを
歌い上げたワン・ホーンの代表的傑作
 アート・ファーマー(tp) トミー・フラナガン(p)
トミー・ウィリアムス(b) アルバート・ヒース(ds)
★1960年9月21日~23日、ニューヨークにて録音
特に背景の青緑の色が抜群に良い。
Conv0002_20190806215701


Conv0003_20190806215701

スウェーデンに愛をこめて/アート・ファーマー・カルテット 
北欧ジャズ先進国の印象を、思いのままに綴ったファーマーの詩情溢れる名盤。
ぬくもりに満ちたフリューゲルホルンの響きに癒される至福の世界。

花もそうですが、顔のアップ写真は怖い。
Conv0001_20190806215701

この「モダンアート」が彼一番の傑作作品。
この作品は大好きで頻繁に聴いているが、顔アップはいただけない。
Conv0001_20190806220001




2019年8月 6日 (火)

素晴らしきレコードジャケット(5) チェット・ベーカー

2019/8月

CHET/ Chet Bake(トランペット)
永遠のトランペット・ヒーローが囁くように表現するロマンティックなスタンダード集。
ピアノの詩人ビル・エヴァンスとの貴重な共演も収録。
録音年:1958年12月30日、1959年1月19日/収録場所:ニューヨーク

Conv0006_20190726151201 

昨年、チエット・ベーカーのCDは260枚ほど集めていた。
断捨離で処分したが好きなCDを10枚ほど残した。後悔はしていない。
LPレコードはこの1枚を残した。

チエット・ベーカーの物悲しい顔と演奏が良く出ている1枚。

Conv0007_20190726151201

いまも大好きなチエット・ベーカー様
格好いいCDジャケット6枚。
Conv0001_20190805201001 
Conv0002_20190805201001 
Conv0003_20190805201001 
Conv0005_20190805201001 
Conv0006_20190805201001 
Conv0004_20190805201001
処分前に自作カタログを作っていたので時々見て喜んでいる。
第1集CD 112枚  第2集CD 145枚 DVD 13枚 関連雑誌 4冊(全288ページ)
Conv0001_20190819011601




2019年8月 5日 (月)

素晴らしきレコードジャケット(4) ソニー・クラーク

2019/6月


クール・ストラッティン/ソニークラーク

あまりにも有名なジャケットで一家に一枚?
ジャケットデザインはもはやモダンデザインのお手本的存在で、
多くのファンを持つソニー・クラークの代表作。

ソニー・クラーク(p) アート・ファーマー(tp) ジャッキー・マクリーン(as)
ポール・チェンバース(b) フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)
1958年1月5日、ニュージャージーにて録音

Conv0005_20190726151201
聴き飽きているので、普段はあまり聴かないが、
LPジャケットだけは部屋に飾っている。
Conv0001_20190804163001

他に美脚のこんな良いのがあるよ。
Conv0002_20190804163001 

Conv0003_20190804163001 

Conv0004_20190804163001

Conv0005_20190804163001

2019年8月 4日 (日)

素晴らしきレコードジャケット(3) ジョン・コルトレーン

2019/8月


ジャイアント・ステップス(Giant Steps)」=「巨人の歩み」

John Coltrane : Tenor Saxophone
 Tommy Flanagan : Piano
 Wynton Kelly : Piano
 Paul Chambers : Bass
 Art Taylor : Drums
Recorded at NYC, May & November, 1959

コルトレーンの気合の入った演奏と、吹きまくるジャケット写真が
ピッタリと合っている。
このLPは難曲が多いが、何百枚もあるコルトレーンの
CD/LPの中でも好きな方の1枚。

Conv0004_20190726151201

ついでにインパルスレーベルから好きなCDを4枚を。

処分といっても、好きなCDは200枚ほど残した。
しかし、また買っているので(死ぬまで続きそう)
月30枚ほどは増えている。
Conv0001_20190802212701
Conv0002_20190802212801
Conv0003_20190802212801 
Conv0004_20190802212801

2019年8月 3日 (土)

素晴らしきレコードジャケット(2) オスカー・ピーターソン

2019/8月


 ロマンス/オスカー・ピーターソン・シングス

ジャズ・ピアニストの大家オスカー・ピーターソンが、
ナット・キング・コールばりの美声を披露
■オスカー・ピーターソン、バーニー・ケッセル、ハーブ・エリス、レイ・ブラウン
録音年:1952年2月26日、1954年4月27日、1953年5月21日
演奏はジャケットに負けている。ピーターソンはピアノに限る。
Conv0003_20190726151201


Conv0001_20190802193501


Conv0002_20190802193501


2019年8月 2日 (金)

素晴らしきレコードジャケット(1) パット・モラン

2019/8月

昨年人生の区切りをつけようと断捨離をした。
どうしても処分できなかっいた、好きなレコードジャケットのLPを20枚ほど残した。


このジャケットは足ジャケで、有名なクールストラッティンと双璧な美ジャケです。
ジス・イズ・パット・モラン/ パット・モラン・トリオ
女流ピアニストの、PAT MORAN(パットモラン)
1957年録音Pat Moran(p)Scott LaFaro(b) Gene Gammage(ds)

Conv0001_20190726151201

この写真の色合いはオリジナルLPジャケットでなければ味わえない。
Conv0002_20190726151201

2019年8月 1日 (木)

新緑と苔の京都 閑院宮邸跡

2019/6月  ここで京都の旅は終わる。

京都御所内  広大な敷地には貴族の敷地跡が沢山あり、
その幾つかは公開されている。

Conv0009_20190704222801

Conv0001_20190731211501 

Conv0002_20190731211501

京都御所内 閑院宮邸跡
Conv0004_20190704222801


Conv0005_20190704222801


Conv0007_20190704222801


Conv0006_20190704222801