« 素晴らしきレコードジャケット(7) ジョニ・ジェイムス | トップページ | 素晴らしきレコードジャケット(9) 横尾忠則 »

2019年8月 9日 (金)

素晴らしきレコードジャケット(8) マイルス・デイヴィス

2019/8月

50年前に買ったレコードがこれです。
COOKIN'  / Miles Davis Quintet/ PRESTEGE 7094

プレステッジ・マラソンセッション / Miles Davis Quintet】
Miles Davis (Tp) John Coltrane (Ts)
 Red Garland (P)Paul Chambers (B)
 Philly Joe Jones (Ds)
 1956年5月11日 同年10月26日吹き込み

プレステッジ時代の最高峰!  
JAZZ専門レーベルからメジャーなレコード会社に移籍する為に僅か2日間で
4枚分を驚異的なスピードで録り終えたという、通称 "マラソン・セッション"
マイルスお得意の "ミュート・トランペット" がこの時期に確立されている。
「卵の殻の上を歩くプレイ」と形容された、マイルス特有の演奏をこれで
初めて知った。
映画「死刑台のエレベーター」のサントラは全編マイルスの
ミュート・トランペットが気だるく怪しげな雰囲気を出している。

リード・マイルスのイラストも抜群で忘れられないジャケット。

Conv0001_20190808185901

この中の一曲「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」は
僕のジャズの原点であり、マイルスの原点である。
一生聴き続けたい一枚です。
Conv0002_20190808185901

4部作の残りの3枚もすべて傑作作品。
■RELAXIN' / PRESTEGE 7129
Conv0002_20190807221501

■STEAMIN' / PRESTEGE 7200
Conv0003_20190807221501

■WORKIN' / PRESTIGE 7166
Conv0004_20190807221501

映画「死刑台のエレベーター」のサントラ盤
Conv0001_20190808214101

Conv0002_20190808214101

 

 

« 素晴らしきレコードジャケット(7) ジョニ・ジェイムス | トップページ | 素晴らしきレコードジャケット(9) 横尾忠則 »

CD・レコード」カテゴリの記事