写真

2019年9月20日 (金)

すぎさった時間(26) 蝶

蝶の美しさは他に類がない。

コレクターではないので骨董市で見かけたら買う程度。
市販の半額以下でかえるから楽しい。
東京の骨董市は月に2回は行くことにしている。

Conv0001_20190920022801

こんな蝶がいるなんて信じられない。まさに芸術品です。
昆虫も買ったものです。
Conv0002_20190919064801

ちゃんと専用のケースに入ってる。
ほとんどが南米、東南アジア産で国内では見られない大型です。
Conv0003_20190919064801 
こんな風に作り始めると切りがない。
一時間、半日、一日といくらでも遊べる。
そのうちに大傑作も生まれるかもしれない。
Conv0001_20190920015001

Conv0001_20190919204101




2019年9月19日 (木)

すぎさった時間 (25) ライター

カタチや色のおもしろい小物があると集める癖がある。

とことんまで集めないので、その道のコレクターにはなれない。
買うと自分の見える位置に出来るだけ置いて楽しんでいる。


これはジッポーライターが中心
左上の3本は螺鈿で特に気に入ってるが、
もっと欲しいが最近では見当たらい。
Conv0001_20190918102201 


Conv0002_20190918102201 
裏面、側面とも全面螺鈿仕上げは意外と少ない。
Conv0006_20190918202701 

Conv0007_20190918202701 

Conv0008_20190918202701


2019年9月18日 (水)

すぎさった時間 (24) 総理饅頭

 

18年前の純ちゃん饅頭と子分の真紀子クッキー。

進次郎が入閣した。 原発問題に期待する。

進ちゃん饅頭はいつになるか、早く食べたいような・・



Conv0002_20190915181401

2019年9月17日 (火)

すぎさった時間 (23) 笑顔

子供会の遠足


アホで遊ぶことだけに、生きていた。

勉強・・やった記憶がない。

貧しくも、みんな笑顔で暮らしていた。

アホでも、72まで楽しく生きてこられた

のだから、勉強はいらないね。常識があれば。

 

Conv0001_20190915181401

2019年9月16日 (月)

すぎさった時間 (22) 井の中の蛙宣言

昨年で写真クラブ関係のお付き合いは一切やめた。

更に、井の中の蛙宣言をして、写真とそれに関わった友人とも

連絡を遠のいた。もう仲良しクラブからは離れたくなった。

それまでに散々遊ばせてもらった、クラブの写真展にも一切行かない。

得るものはほとんど無いからだ。プロの写真集一冊を見てた方が、

よっぽど為になる。昔からそうだったが、今では絵画や仏像を観るのが一番楽しい。

この写真は今,関内駅構内で写真展をしているデジタル研究会の友人が

送ってくれた。中々面白い写真だ。

写っているのは、このクラブで一番尊敬している、堀田先生だ。

写真は一人でやるものだ。こんな遮断された生活にも慣れたが、時々人恋しくなる。

そんな時、写真や短いコメントが入るので、心温まる。

上手くても、下手でも自分の写真を作りたい。

でも、写真のための写真はそろそろ卒業する。


Conv0002_20190915033901

2019年9月15日 (日)

すぎさった時間 (21) 友人の写真

涙が出てしまった。

先日、親友が財布に入れて、大事に持っているという、

写真を見せてもらった。縦横3㎝ほどの小さなモノクロ写真だ。

7才の時に、大好きなお母さんと一緒の並んでいる。

今、71才の真面目で陽気な彼の面影がそのまま写っていた。

お母さんの笑顔が息子に無言の愛を注いでいるようだ。

そして、親子で笑っている。 よく見ていると、涙が出てきた。

この親子の幸せそうな姿と、自分の親と重ねて見ていた。

感動する写真がこんな身近にあるとは知らなかった。


Conv0001_20190914224601

2019年8月 1日 (木)

新緑と苔の京都 閑院宮邸跡

2019/6月  ここで京都の旅は終わる。

京都御所内  広大な敷地には貴族の敷地跡が沢山あり、
その幾つかは公開されている。

Conv0009_20190704222801

Conv0001_20190731211501 

Conv0002_20190731211501

京都御所内 閑院宮邸跡
Conv0004_20190704222801


Conv0005_20190704222801


Conv0007_20190704222801


Conv0006_20190704222801



2019年7月31日 (水)

新緑と苔の京都 常寂光寺

2019/6月

嵯峨野の定番のお寺で紅葉の名所でもある。

Conv0007_20190704220801 

Conv0008_20190704220801 

Conv0009_20190704220801 

Conv0010_20190704220801 

Conv0011_20190704220801 

Conv0014_20190704220801
ここも紅葉の名所で必ず訪れる。2013/11/25
Conv0001_20190712232001

Conv0003_20190712232101

Conv0002_20190712232101

2019年7月30日 (火)

新緑と苔の京都 法然院(2)

2019/6月

ここの住職さんは花好きでも有名です。
手水鉢に四季折々の花を飾るので、それを見るのも楽しみです。
曼珠沙華  2016/9/22
Conv0001_20190730165501 
芙蓉と曼珠沙華
Conv0002_20190730165501

白砂壇は水を表していて、その間を通って心と体を清める。
Conv0003_20190704213001


Conv0004_20190704213001 

雨の日の、深い新緑は、心の奥深く染み入る。
Conv0009_20190715202801


Conv0010_20190715202801


Conv0012_20190715202801


Conv0011_20190715202801




2019年7月29日 (月)

新緑と苔の京都 法然院(1)

2019/6月

雨の日  哲学の道沿いで一番好きなお寺。

Conv0001_20190715184101

入母屋造りの山門を潜ると砂盛の白砂壇があり、
季節ごとに図柄が変わるのも楽しみの一つである。
Conv0002_20190715184001


Conv0003_20190715184101


Conv0004_20190715184101


Conv0005_20190715184101


Conv0006_20190715184001

 



より以前の記事一覧