写真

2019年7月19日 (金)

新緑と苔の京都 祇王寺(1)

2019/6月

嵯峨野

祇王寺の紅葉は有名だが、一番の見どころは苔庭。
Conv0001_20190704110301


Conv0003_20190704110301 


Conv0004_20190704110301


Conv0005_20190704110301


Conv0006_20190704110501
2017/11/23
Conv0001_20190711100901

直ぐ近くの落柿舎の前は京都府が買い取った土地で
この空間にはホットする。
Conv0007_20190704110301 

Conv0008_20190704110301



 

 

2019年7月18日 (木)

新緑と苔の京都 竹林

2019/6月


竹林(嵐山嵯峨野)  新しい竹の緑色が美しい。
Conv0003_20190704102401

可愛いカタバミの花
Conv0002_20190704102401 


Conv0004_20190704102401


Conv0005_20190704102401


Conv0006_20190704102401


Conv0007_20190704102401


Conv0008_20190704102401

2019年7月17日 (水)

新緑と苔の京都  東福寺塔頭

2019/6月

東福寺には沢山の塔頭がある。
そのうちの三つの寺に寄ってみた。

尺八に縁のある明暗寺
Conv0001_20190703114401

庭の苔が素晴らしい。
Conv0002_20190703114401


Conv0003_20190703114401 

雲源院は中には入れなかった。
Conv0004_20190703114401


Conv0005_20190703114401


Conv0006_20190703114401

十万不動明王
Conv0007_20190703114401



2019年7月16日 (火)

新緑と苔の京都にて (東福寺)

2019/6月

紅葉の名所だが新緑も最高。

Conv0001_20190701182801 
通天橋から
Conv0002_20190701182801 

Conv0003_20190701182801 

重森三玲作の八相の庭
Conv0004_20190701182801

 井田(せいでん)の庭
Conv0007_20190701182801

北斗七星を表現した「東庭」

Conv0005_20190701182801 

方丈庭園 方丈北庭
Conv0008_20190701182801


Conv0006_20190701182701 

国宝『東福寺 三門』 惚れ惚れするほど美しい。
Conv0009_20190701182701
通天橋から 2017/11/21
Conv0001_20190711095201

2019年7月15日 (月)

三十三間堂 廻廊(3)

2019/6月

本堂
Conv0001_20190701153101

朱色の廻廊も美しかった。今回初めて撮る。
Conv0002_20190701153101 

まさに「ザ・ニッポン」の光景だ。
Conv0003_20190701153101


Conv0004_20190701153101 


Conv0005_20190701153101


Conv0006_20190701153101


Conv0007_20190701153101


2019年7月14日 (日)

三十三間堂(2)

2019/6月

仏像配置図
Conv0001_20190713145401
俵屋宗達の「風神雷神屏風」のモデルになった。

木造雷神 像高100㎝
Conv0001_20190701151301

木造風神 像高111.5㎝
Conv0002_20190701151301

木造28部衆立像 像高154㎝~170㎝
各像は肉体をリアルに描写されて、惚れ惚れするほど素晴らしい。
この像が一番好き。


Conv0003_20190701151301


Conv0004_20190701151301


Conv0005_20190701151301


Conv0006_20190701151301

2019年7月13日 (土)

三十三間堂(1032体の仏像)

2019/6月

1032体の仏像が国宝。

中尊蓮華王を中心に千手観音左右にそれぞれ500体と
中尊の裏に1体で1001体。

それを守る28部衆像と左に雷神、右に風神。
何度寄っても仏の多さには圧倒されれる。

相変わらず写真が撮れないが、今回三十三間堂発行の
本が素晴らしかった。
Conv0001_20190701104201

無畏(むい)安穏で畏れのないこと。
Conv0002_20190701104201

木造千手観音立像 像高167㎝前後
Conv0003_20190701104201 

左側500体
Conv0004_20190701104201

木造千手観音坐像(中心に中尊蓮華王) 像高334.8㎝
Conv0005_20190701104201

右側500体
Conv0006_20190701104201 
1001体の千手観音立像はそれぞれ仏の名前を持っている。
1つとして同じ顔がないと言われている。
Conv0001_20190713073401

Conv0001_20190713152801







 

2019年7月12日 (金)

新緑と苔の京都にて 宝厳院(2)

2019/6月

嵐山 宝厳院

Conv0001_20190701083701


Conv0002_20190701083701


Conv0003_20190701083701


Conv0004_20190701083701


Conv0005_20190701083701


Conv0006_20190701083701
ここの紅葉は凄い、2013/11/25
Conv0002_20190710093401 

Conv0003_20190710093401

2019年7月11日 (木)

新緑と苔の京都にて  宝厳院(1)

2019/6月

京都の1週間は雨や曇りの日が多く、理想的な日が続きました。

嵐山 宝厳院

Conv0001_20190701081601


Conv0002_20190701081601


Conv0006_20190701081601


Conv0004_20190701081601


Conv0005_20190701081601

Conv0003_20190701081601 
ここは紅葉の名所でもある。 2013/11/25
Conv0001_20190710093001




 

2019年7月10日 (水)

静かな京都にて(9)

2019/6月

今回もいつものホテルだが、外人客が年々増えている。
日本人が泊まりづらくなるのは困る。

Conv0001_20190630171401


Conv0002_20190630171601


Conv0004_20190630171601


Conv0003_20190630171601

ホテルの近くの護国神社。

足腰の神様なので、老人にとっては人気スポット。
ツアーバスが次々と押し寄せている。
Conv0005_20190630174501


Conv0006_20190630171601


Conv0007_20190630171601

より以前の記事一覧