スナップ

2018年3月23日 (金)

つかの間の雪

まさかの雪になり、冬支度で外に飛び出す。


2018/3/21撮影                 自宅周辺
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2018年3月17日 (土)

真壁のひな祭り(2)  光・影・形・色

目的のものがダメなら、往復の道路周辺にも必ず面白い被写体がある。
そんな被写体を探すのも旅の楽しみの一つ。
今回も好きなものを沢山見つけた。


2018/3/2撮影                    桜川市・真壁
Conv0001_2


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_2

石材屋の廃墟
Conv0005_2

農家の古い建物   好きな被写体で何枚も撮る。
Conv0006_2

道路沿いに埴輪専門店を発見  「はにわの西浦」
製造、販売の大きな店で店内の見学もできる。部屋内外に数百体が置いてある。
Conv0007_2

この火焔型土器は欲しい。10万円以上はするだろう。
Conv0008_2

全景はHPから
Photo

常総市地域交流センターで城ではありません。48.5mの最上階からは富士山、
スカイツリーが見えました。
Conv0010_2

2018年3月16日 (金)

真壁のひな祭り

友人の誘いで真壁のひな祭りに行ってみた。
しかし、街並みや、ひな人形の飾りつけは、まったく面白くなく
写真にはならなかった。  昔は良かったらしいが。

2018/3/2撮影              茨木県桜川市真壁
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

ひな祭りより商売、商売・・
Conv0008

2018年3月13日 (火)

東京湾フェリー

南房総の旅の帰りは東京湾フェリーで。

金谷港から久里浜港行きの船から

2018/2/26撮影              カモメと共に
Conv0001


Conv0002


Conv0003_2


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2018年3月12日 (月)

千倉の海

前日の鴨川の海より、かなり荒れ模様。

千倉の花摘みが良くなかったので、変化する波を見て癒される。

2018/2/26撮影             南房総市千倉
Conv0001_2


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_3


Conv0007


Conv0008

2018年3月11日 (日)

東日本大震災7年目  あの日を忘れないために

被災地で一番早く復興の街づくりができた宮城県女川町の秘訣の話です。

「60代は口を出さず、50代は口を出してもいいけど手は出さず」

復興計画は震災後の2012年に初当選した須田善明町長(42歳)と
30~40代の若者が中心でした。
任せた方も、任された方も、勇気ある大英断です。
難しいことですが、政治や社会も若者にお任せしましょう。


2011/3/11震災  2011/7/26撮影
  
色々なドラマを生んだ「高田松原と奇跡の一本松(当時の一本松)」

現在は根が腐り枯死と判断され、幹を防腐処理し心棒を入れて補強したり
枝葉を複製したものに付け替えたりするなどの保存作業を経て、
元の場所に再び立てられている。  宮城県陸前高田
Conv0001

宮城県南三陸町田束山(たつがねさん)のメッセージは心打たれた。
Conv0002_2

南三陸町
Conv0003_2

仙台空港周辺の公園施設は壊滅状態でした。奥が空港。
Conv0004_2

2018年3月 7日 (水)

廃墟の牛舎(2)

家内によく怒られます。「あんな汚い物なんで撮るの・・?」
うまく説明できませんが、好奇心でしょうね。

同じ敷地内に自宅用の家もありました。




2018/2/26撮影                  鴨川市  千葉
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0016

2018年3月 6日 (火)

廃墟の牛舎

外房を旅行中に鴨川で廃墟を見つけた。
外観からは住宅と思って中に入ると、結構広い
牛舎であった。特別廃墟ハンターではないが、
道路沿いで見つけると、必ず車を止めて撮るのは
なぜだろうか・・深く考えた事はないが・・
壊れ具合の魅力と、怖い物見たさも理由の一つだろう。

2018/2/26撮影                 鴨川市・千葉
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2018年3月 5日 (月)

鴨川シーワールド(3)

小魚の群の泳ぐコースが予測がつかないので、見ていても
時間を忘れてしまうほど、面白い。


2018/2/25撮影    カクレクマノミ      鴨川市 千葉
Conv0010


Conv0009


Conv0011

キンメモドキ
Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015

2018年3月 4日 (日)

鴨川シーワールド(2)

水槽の魚の群を見てると、心が休まる。

2018/2/25撮影                     鴨川市 千葉               
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004

大きく口を開けて泳ぐグルクマという魚は珍しいし面白い。
Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

より以前の記事一覧