スナップ

2019年2月19日 (火)

水面画

寒くて外え出る機会が少ない1月2月は2000年から撮った

過去の写真を見直ししている。

その中に忘れていた写真が沢山出てきた。

2014 元町付近・横浜    水面に映った風景が面白い。

Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006

2019年2月10日 (日)

總持寺(3)  修行僧(2)

托鉢は約2時間かけて、鶴見市内を廻って戻ってくる。

毎日昼ごろには百間廊下(約152m)の掃除がある。

寒いこの時期は大変でしょう。



2019/1/31 鶴見区・横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0006


Conv0005


Conv0007


Conv0008

2019年2月 9日 (土)

總持寺(2)  修行僧

この時期は寒行托鉢の厳しい修行をしている。

時代の流れでしょうか、年々修行する僧が減っているようです。


2019/1/31                         鶴見区・横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0006

Conv0005_2


Conv0007


Conv0008

2019年2月 8日 (金)

總持寺

2019/1/31                                          鶴見区 横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2019年2月 7日 (木)

告別式     ご冥福をお祈りいたします。

訃報は突然やってくる。  悲しい。

しかし、その悲しみを乗り越えなければならない。

死について自問する。

我々も残された日々をどのように過ごしたらいいだろうか。


2019/2/3
Conv0001_3


Conv0003_2


Conv0002_3


Conv0004_2


Conv0006_2

写真は残酷だ。 思い出は止まらない。

Conv0001_4

自然は変わらない。 人間の命ははかなく、短い。
Conv0002_4

2019年2月 5日 (火)

静かな京都を歩く(16)  京都駅

デザインが素晴らしい京都駅。

最近巨大スクリーンが4ヶ所設置されて、広告に一役買っている。


2019/1/10
Conv0001


Conv0002


Conv0003

シーズンオフはタクシーが溜まっているが
桜、紅葉時期はほとんどいない。
Conv0004

駅前の京都タワーから

東本願寺
Conv0005

西本願寺
Conv0006

手前・・三十三間堂  奥・・智積院
Conv0007

清水寺
Conv0008

東寺
Conv0009

京都駅ビル10F「京都拉麺小路」
京都で食べるラーメンの定番は「麺家いろは - 富山ブラックらーめん」
うまいよ・・
Conv0001

2019年2月 4日 (月)

奈良  法隆寺(4)  (中宮寺ほほえみの御仏―半跏思惟像―) 

奈良で一番見たかったのは、半跏思惟像です。


2019/1/7撮影   

中宮寺(尼寺)は、法隆寺の東約400mの場所に所在するお寺です。
Conv0001_4

飛鳥時代の木彫を代表する仏像である百済観音と
半跏思惟像のポスターを買ったので、自分で厚い和紙で裏打ちしたので
額装に仕立てたい。
Conv0002_3

中宮寺全体の写真を撮るのを忘れた。
Conv0003_4


Conv0004_3


Conv0005_3

珍しい正月飾り
Conv0006_4


Conv0007_3

夢殿(聖徳太子を供養する堂として建てられた堂)
Conv0009_3


Conv0008_5

寺の外にも味のある壁が。
Conv0011


Conv0010_3

2019年2月 3日 (日)

奈良  法隆寺(3)  土塀

土で突き固められた「土塀」は、城の石垣にも劣らない、美しさを感じます。



2019/1/7
Conv0001_2


Conv0010_2
千年を超えた塀がここにあることが、不思議。
修理を繰り返して、そのつぎはぎが、何とも言えない深い味になっている。
Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_3


Conv0008_3


Conv0007_2


Conv0001_3

2019年2月 2日 (土)

奈良  法隆寺(2)

法隆寺は1400年前の飛鳥時代の607年の創建。
その後、、唐招提寺、興福寺などは平安遷都までの約200年間で創建されている。

奈良にいると、京都のお寺との歴史の違いが歴然と分かる。

2019/1/7
Conv0001

金堂の内部には、法隆寺の本尊、薬師如来を中心とする釈迦三尊像が安置されている。
Conv0002

上層と下層をつなぐ支柱に巻き付けられた龍の彫り物もは珍しい。

昇り龍
Conv0003

下がり龍
Conv0004

世界最古の五重塔で国宝。
Conv0005

国宝にも指定されている回廊はギリシャ発祥のエンタシスの柱で、
法隆寺のエンタシスの柱には檜が使われています。
Conv0008_2

ここに椅子があれば何時間も見ていたい空間。
Conv0007


Conv0006_2


Conv0009


Conv0010

2019年2月 1日 (金)

奈良  法隆寺

久し振りに日本最古の法隆寺を訪れた。

京都の寺とは雰囲気がまるで違う。

広大な敷地(東京ドーム14個分)にゆったりと建物が建てられている。

ここに半日いたが心が洗われるようだった。

2019/1/7撮影           松の木が美しい法隆寺参道       奈良
Conv0001


Conv0002

土塀の長さは京都御所ほどではないが、それでも圧倒される。
Conv0003


Conv0004

空も広い。
Conv0005

中門の仁王像は日本で一番古い。
Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009

より以前の記事一覧