写真(風景)

2019年3月20日 (水)

小川村  縄文おやき村

今回一番楽しみにしていたのは、信州の特産品の「おやき」を食べることでした。

ここの焼きおやきは特にうまく、定番は野沢菜だが、他にはオカラが入ったうの花

が絶品。ここの村民になると1割引きで買える。年に2回は通販で冷凍物

を注文しているが、冷凍物でも味は変わらないのが凄い。



2019/03/02撮影                   信州
Conv0001_3


Conv0002_3

野沢菜を入れている。
Conv0003_4


Conv0004_3


Conv0005_3


Conv0006_3

駐車場で見た面白い車
Conv0007_3

2019年3月19日 (火)

白馬(2)

2019/03/02撮影                  信州
             洒落たマンホールの蓋
Conv0008_2

白馬大橋から 白馬三山と北アルプス
Conv0009_2


Conv0010_2

白馬八方尾根スキー場
Conv0011_2


Conv0012_2


Conv0013_2

2019年3月18日 (月)

白馬  青鬼

白馬の外れにある青鬼集落は、お気に入りの場所。

着いたのが午後で、逆光で北アルプスが霞んでしまった。

2019/03/02撮影                信州
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_3


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2

2019年3月17日 (日)

大王わさび農場(2)

この三連の水車は黒澤明監督の映画「夢」の舞台になったところ。

黒澤明が、自分の見た夢をもとに撮りあげた8話のオムニバスで

1990年に公開。





2019/03/02撮影                安曇野・信州        
Conv0009


Conv0010


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0016

2019年3月16日 (土)

大王わさび農場

気分転換に長距離にでました。定番のわさび田です。

日本一のわさび田はいつ来ても、美しい風景です。

この水は全て湧き水とは驚きです。

わさびのソフトクリームは絶品。

2019/03/02 撮影                安曇野・信州
Conv0001


Conv0002


Conv0003_2


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2019年1月14日 (月)

田貫湖  富士山一周

富士山一周は、山中湖から始まり、ここ田貫湖で終わります。

昨年同様、今回も赤く染まり、幸運でした。

完璧ではないが、本当に綺麗でした。

2019/01/02
Conv0001_7


Conv0002_6


Conv0003_6

青森、名古屋、大阪からも来ていました。皆さん無言で見とれていました。

友人とドライブ感覚で気軽に来て、日帰りできる、近県の我々は恵まれています。


Conv0004_5


Conv0005_6


Conv0006_5
Conv0007_5

2019年1月13日 (日)

霧降高原 白糸の滝  富士山一周

2019/01/02              霧降高原
Conv0008_3


Conv0007_4

白糸の滝
Conv0009_3


Conv0010_3


Conv0012_2


Conv0011_2

2019年1月12日 (土)

精進湖 本栖湖  富士山一周

2019/01/02                                      精進湖

湖畔まで車で下りられるので、撮影がしやすい人気スポット。

この後ろにある山田屋旅館は客室から同じ風景が撮れる。
Conv0001_5


Conv0002_5

本栖湖    千円札のモデルになっているので、人気があり、

いつ寄っても全国から沢山の人が来ている。
Conv0003_5


Conv0004_4


Conv0005_5


Conv0006_4

2019年1月11日 (金)

西湖野鳥の森公園(2)  富士山一周

2019/01/02
Conv0008_2


Conv0009_2


Conv0010_2


Conv0011


Conv0012


Conv0013


Conv0014

2019年1月10日 (木)

西湖野鳥の森公園  富士山一周

今年は冷え込みが強いのか、綺麗な氷柱が出来ていた。


2019/01/02
Conv0007_3


Conv0005_3


Conv0006_3


Conv0001_4


Conv0002_4


Conv0003_4


Conv0004_3

より以前の記事一覧