2017年7月29日 (土)

霧ヶ峰高原  ニッコウキスゲ

6月20日はレンゲツツジ7月20日はニッコウキスゲと10年間ほど毎年

霧ヶ峰高原に通いました。それは鹿に花が食べられて激減する6~7年前までの事です。

その後も訪れましたが、見渡す限りの黄色いニッコウキスゲがほんの一部を除いて

無くなってしまっていて、凄いショックを受けました。でも、今回久々に訪れてみて

電気柵の中だけで懸命に咲いているのを見ると、今の光景を認めるしか

ありません。 またいつか全山真っ黄色に染まることを願っています。

2017/7/20 撮影                            霧ヶ峰高原・ 信州
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_3
草原を眺めながら・・
コロボックル・ヒュッテで必ずチーズケーキとコーヒーを頂く。  車山肩・霧ヶ峰高原
Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006


Conv0007_3

2017年7月20日 (木)

八景島  アジサイ(3)

坂の上にもバラなどの咲く公園がある。
水族館や遊園地もあるので撮影には困らないが、
毎回アジサイだけでスタミナが切れて撮影は終わる。



2017/6/28撮影                  横浜
Conv0001_6


Conv0002_2


Conv0003_3


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2

2017年7月19日 (水)

八景島  アジサイ(2)

意外とここのアジサイは知られていない。
5年前あたりに比べれば、大分衰えてはいるが、
それでも見事な花を見せてくれる。



2017/6/28撮影                横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年7月18日 (火)

八景島  アジサイ(1)

最近は花の見ごろが1~2週間ずれるので
撮影時期がつかめず困ることが多い。
例年より大分遅い6月28日に写友3人で八景島に
行ってみたが、予想以上に綺麗に咲いていました。



2017/6/28撮影                 八景島  横浜
Conv0009_2


Conv0010


Conv0011


Conv0012

おかめアジサイ
Conv0013


Conv0014


Conv0015


Conv0016

2017年5月31日 (水)

生田緑地バラ苑(2)   バラ

2017/5/14撮影
Conv0001_4


Conv0002_6


Conv0003_4


Conv0004_4


Conv0005_4


Conv0006_4


Conv0007_4


Conv0008_3

2017年5月29日 (月)

生田緑地バラ苑   バラ

Conv0002_3

2017/5/14撮影  撮影日は雨の翌日が一番       生田緑地・川崎市

Conv0001_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2

2017年5月26日 (金)

足利フラワーパーク(6)  お見事

ライトアップだと本当の色は出ませんが、
それでも見事なものでした。

2017/5/3
                   白藤の滝         
Conv0001


Conv0002


Conv0003

    むらさき藤のスクリーン
Conv0004


Conv0005

世界でも珍しい八重藤
Conv0006


Conv0008

2017年5月25日 (木)

足利フラワーパーク(5)  飽きない

種類も多くほとんどが満開でした。

一日いても飽きない。


2017/5/3
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年5月24日 (水)

足利フラワーパーク(4)  ライトアップ

今回は頑張ってライトアップも撮ってみました。



2017/5/3
Conv0001


Conv0002


Conv0004


Conv0003


Conv0005_2


Conv0006


Conv0007


Conv0008

2017年5月21日 (日)

足利フラワーパーク(3) うす紅色の棚のライトアップ

2017/5/3
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0008

より以前の記事一覧