2017年10月11日 (水)

赤そばの里(3)    箕輪町  信州

2017/10/4撮影
Conv0001_3


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_3


Conv0005_3


Conv0006_3

伊那地方に多い「ソースかつ丼」は本当に美味しかった。
Conv0007_4

2017年10月10日 (火)

赤そばの里(2)    箕輪町  信州

赤そばのルーツをネットで調べると、次のようです。

1987年にヒマラヤの標高3800メートルのところから、
赤い花の咲くそばを日本に持ち帰り、信州大学の故氏原暉男名誉教授が
タカノ株式会社(宮田村)と共同で開発して真紅の花を作り、
高嶺ルビーと名付けました。



2017/10/4撮影
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_3

2017年10月 9日 (月)

赤そばの里    箕輪町  信州

赤そばの花が満開になっていました。

「今年は緑が目立っていていて、どうやら草に負けているようです。
種まき後の豪雨で流され、その後やり直しましたが上手く育ちません。」

・・・広報ではこのように言ってますが、充分に綺麗でした。

2017/10/4撮影
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007_2


Conv0008

2017年10月 6日 (金)

彼岸花  巾着田(4)  

2017/9/20撮影

Conv0001_6


Conv0002_5


Conv0003_5


Conv0004_5


Conv0005_5


Conv0006_5

昼頃、西武池袋線高麗駅から花畑に向かう人々
Conv0007_4

2017年10月 5日 (木)

彼岸花  巾着田(3)  

2017/9/20撮影
Conv0001_5


Conv0002_4


Conv0003_4


Conv0004_4


Conv0005_4


Conv0001_7


Conv0006_4

2017年10月 4日 (水)

彼岸花  巾着田(2)  

巾着田に初めて訪れたのは16年まえの2001年の9月18日でした。
その後はほぼ毎年行ってます。
飽きません。大好きな場所です。
今回はつぼみと緑の茎が入った写真が多く撮れました。
簡単そうですが、時期を外すと意外と撮れません。

2017/9/20撮影
Conv0001_4


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_3


Conv0005_3


Conv0006_3


Conv0007_3

2017年10月 3日 (火)

彼岸花  巾着田  天皇陛下

20日午後4時に天皇皇后両陛下が来訪されました。 
帰りが混雑しそうなので、午後1時には帰路につきました。

2017/9/20撮影     早咲き地域が立ち入り禁止に
Conv0001_3


Conv0002_2

橋の上から
Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2

2017年9月23日 (土)

彼岸花  西方寺  雨の日に

2017/9/17撮影   台風前日             横浜
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006


Conv0007_2


Conv0008_2

鈴なりの銀杏
Conv0009_2


Conv0001


2017年9月22日 (金)

彼岸花  西方寺  早朝か夕方

日中は人が多いので早朝か夕方の撮影。

三脚族がいたり、来たら最悪で逃げたくなる。




2017/9/14撮影 本堂  必ず挨拶してから撮らせてもらう。  横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0007


Conv0008


Conv0009

2017年9月21日 (木)

彼岸花  西方寺  三色揃うのが特徴

ここは白と黄が先に咲く。その後赤が咲きそろうと

とても豪華な彼岸花の階段になる。


2017/9/13撮影                      横浜
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0006


Conv0005


Conv0008


Conv0007

2017/9/7撮影  この数本のピンクが一番早く咲く。
Conv0009_2

より以前の記事一覧