紅葉

2016年12月28日 (水)

暇な爺の一人旅(16)   奈良の紅葉(談山神社)

残念ながら、紅葉は終わりかけだったが、それよりも念願の十三重塔に
会うことができて感激です。 なんでこんなのを作ったのか・・?
想像以上に大きいものや、変わったものは人を圧倒する。
京都から往復で3時間以上かかるから、やはり遠い。

今回の旅ではブログには載せなかったが、滋賀の石山寺や京都の詩仙堂も訪れた。

2016/11/28撮影                        奈良県・桜井市
Conv0001_3


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_2


Conv0005_3


Conv0006_2


Conv0007_3


Conv0008_2

2016年12月26日 (月)

暇な爺の一人旅(15) 滋賀の小さなお寺の日本一の紅葉(3)

もし紅葉の絵を描くなら、こんな色合いが丁度良いと思う。
そして訪れる方が、これ以上増えないことを願っています。


2016/12/1撮影                          滋賀県
Conv0021


Conv0022


Conv0023


Conv0024


Conv0025


Conv0026


Conv0027


Conv0028


Conv0029


Conv0030

2016年12月25日 (日)

暇な爺の一人旅(14) 滋賀の小さなお寺の日本一の紅葉(2)

ここを訪れる日は、決まって雨の日か雨の翌日が多い。
更にあまり日当たりが良くないのか、落葉がしっとりとしていて
いつも綺麗で、特に今年は木に付いてる葉と落葉との量のバランスが
絶妙でした。いっそう紅葉が美しく感じられます。



2016/12/1撮影                                                滋賀県
Conv0011_2


Conv0012_2


Conv0013_3


Conv0014_2


Conv0015_2


Conv0016_2


Conv0017_2


Conv0018_2


Conv0019_2


Conv0020_2

2016年12月24日 (土)

暇な爺の一人旅(13) 滋賀の小さなお寺の日本一の紅葉(1)

5年連続でこの小さなお寺を訪れているが、不思議なことに一度も裏切られたことがない。
寺の名前を書いてもかまわないけど、何となくまだ自分だけのものにしておきたい。
観光バスが来るくらいだから秘密にしてもしょうがないだろうが・・でも、でも
この日は3時間ほどいたが、来た人は10人位でまだまだ少なかったので嬉しかった。


2016/12/1 撮影    日本一の紅葉の寺だと勝手に思っている。             滋賀県
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年12月23日 (金)

暇な爺の一人旅(12)   京都の紅葉(永観堂)

「モミジの永観堂」と言われるほど紅葉は有名ですが、
すでに終わりと聞きながらも、もしかしたらと思い、寄ってみました。
3000本もあるといいますが、まだ2割ぐらいの紅葉があったでしょうか・・・
充分に楽しめました。  やはりここは外せません。
また珍しい「みかえり阿弥陀」にも久しぶりにお逢いできました。


2016/11/30                         禅林寺永観堂Conv0001_2

Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008_2


Conv0009


Conv0010

2016年12月22日 (木)

暇な爺の一人旅(11)   京都の紅葉(南禅寺)

4年前に南禅寺の塔頭寺院のひとつである天授庵で、もの凄い紅葉を見ているので
ここは素通りのつもりで寄ってみでしたが、三門までに少し良い紅葉が残っていました。


2016/11/30                           南禅寺
Conv0001_3


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_2


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0008_4

2016年12月21日 (水)

暇な爺の一人旅(10)   京都の紅葉(圓光寺)

ここで一番興味があったのは枯山水の「奔龍庭」であった。
白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組であらわした平成の枯山水。
・・と寺の説明書に書いてあるが、僕には鳴門の渦巻きの方を連想される。
紅葉はダメだったが、この庭の面白さで帳消しにしておこう。

2016/11/30撮影                    京都
Conv0002_4


Conv0003_4


Conv0001_5


Conv0004_3


Conv0005_5

水琴窟
Conv0006_3


Conv0007_4


Conv0008_3


Conv0009_3

2016年12月20日 (火)

暇な爺の一人旅(9)   京都の紅葉(勝持寺)

光明寺前でタクシーに乗ったら運転手さんが教えてくれたのが、この勝持寺で、
まだまだ凄いことになっていました。 ピークを過ぎて半分ぐらい葉が散った時が
2番目のピークではないかと、最近感じています。

2016/10/28撮影
Conv0001_2


Conv0004


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0005_2


Conv0006


Conv0007_2


Conv0008


Conv0009_2


Conv0001

2016年12月18日 (日)

暇な爺の一人旅(8)   京都の紅葉(光明寺)(2)

一人旅は、欲張って結構無理してしまうから疲れます
寂しい時もあります。そんな時は孤独を楽しむことにしています。


2016/11/28撮影                        光明寺
Conv0011_2


Conv0010_2


Conv0012_2


Conv0013_2


Conv0014_2


Conv0015_2


Conv0016_2

2016年12月17日 (土)

暇な爺の一人旅(7)   京都の紅葉(光明寺)(1)

光明寺の「もみじ参道」は有名で紅葉のピークが終わったとはいえ
息をのむほどの、艶やかな紅色のトンネルが続いていた。


2016/11/28撮影                     京都・西山
Conv0001_2


Conv0002_2


Conv0003_2


Conv0004_2


Conv0005_3


Conv0006_2


Conv0007_2


Conv0017

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント