神社仏閣

2017年8月16日 (水)

京都6日間の旅(31)  高台寺と周辺

高台寺は秀吉への思いがこめられた妻ねねのお寺。

ここでもコケの期待が持てなかったので、簡単に済ませて

6日間の新緑とコケを見る旅は終わりになりました。

次回は雨の多い夏にしましょう。

2017/6/17撮影
Conv0001


Conv0002

高台寺から見た京都らしい風景
Conv0003


Conv0004_2

高台寺内

Conv0005


Conv0006


Conv0007

高台寺の茶屋でくつろぐ女学生
Conv0009


Conv0010



2017年8月15日 (火)

京都6日間の旅(30)  東福寺塔頭 芬陀院

芬陀院は水墨画家「雪舟」の作った庭園があるので「雪舟寺」とも呼ばれている。



2017/6/17撮影  茶室 図南亭
Conv0011_3

 丸窓 はなぜか心が和みます。
Conv0012_2


Conv0013_2


障子紙と障子紙の間に葉を挟んだ引手
Conv0014_2


Conv0015_2

鶴亀庭園   ここもコケが茶色で絵になりません。ガッカリです。
Conv0016_2


Conv0017_3


Conv0018_2

2017年8月14日 (月)

京都6日間の旅(29)  東福寺

ここで特に見たかったのは重森三玲作の東西南北の庭でした。
中でも市松模様の北庭でしたが、コケが水不足で赤茶色になり落ち着きのない
変な庭に見えました。 最近雨が多くなっているので青々としたコケに
変わっているでしょう。



2017/6/17撮影
Conv0011

三門の影
Conv0012

北庭  本当に残念ですがコケがこの通りでした。
Conv0013


Conv0011_2

通天橋
Conv0015

東福寺は紅葉の名所で知られています。
Conv0016

ここからの紅葉が一番有名。
Conv0017_2

南庭  陰ひなたが多いとゆっくり鑑賞ができない。庭は曇りか雨の日に限ります。
Conv0018


Conv0019

2017年8月11日 (金)

京都6日間の旅(28)  南禅寺と塔頭天授庵

2017/6/16撮影       南禅寺三門
Conv0011


Conv0012

大きいカメラを持っていると撮影をよく頼まれる。
そこでこちらも1枚記念写真を撮らしてもらう。
Conv0013

南禅寺境内にある琵琶湖疏水の水道橋(水路閣)
Conv0014


Conv0015

天授庵     枯山水庭園
Conv0018

天授庵 上と同じ場所 2011/11/27撮影の紅葉
Conv0017

天授庵
Conv0016

天授庵 上と同じ場所 2011/11/27撮影の紅葉
Conv0019

2017年8月10日 (木)

京都6日間の旅(27)  永観堂

広い境内は人影も少なく、紅葉の時期には想像もできない静けさで、

新緑とコケを十分に堪能することができた。

2017/6/16撮影
Conv0008


Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年8月 9日 (水)

京都6日間の旅(26)  永観堂 春もみじ

もみじの永観堂と呼ばれるほど秋の紅葉は有名だが、

このように春紅葉も本当に綺麗でした。

2017/6/16撮影
Conv0001_2


Conv0002_3


Conv0003


Conv0001_4


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年8月 7日 (月)

京都6日間の旅(25)  哲学の道

琵琶湖疏水分線に沿った歩道で、京都で最も人気のある散歩道。
シーズンオフのこの日はほとんど人影がなく最高の散歩でした。

2017/6/16撮影
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年8月 6日 (日)

京都6日間の旅(24)  法然院

小さなお寺だが好きなお寺の一つ。
ここにいると、どのお寺より時間がゆっくり流れているような感じがする。
拝観料無料は珍しい。


2017/6/16撮影    特に茅葺で数奇屋造りの山門は絵になる。
Conv0001


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009

2017年8月 5日 (土)

京都6日間の旅(23)  銀閣寺

この日は哲学の道をプラプラ歩いて道沿いのお寺に寄る。

銀閣寺→法然院→永観堂→南禅寺塔頭(天授庵・南禅院・金地院)

コケと新緑の良いお寺が沢山あるので、1万5千歩と頑張った。

2017/6/16撮影                   金閣寺
Conv0008

銀閣寺の裏山は苔と緑が美しく、なかなか見応えがありました。
Conv0001_3


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007

2017年8月 4日 (金)

京都6日間の旅(22)  鷹峰山源光庵

丸や四角の窓を通すと風景が違って見えるから不思議。

紅葉の時期にも来たいところです。

2017/6/15撮影  丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」
Conv0002


Conv0003_5


Conv0003


Conv0004_5


Conv0001_2

「そうだ 京都、行こう」の2014年のポスター

「悟りの窓」と名づけられた丸窓は禅と円通を表し、
角窓の「迷いの窓」は生死病死と四苦八苦を表しているという。
Conv0001_4


Conv0006_5


Conv0007_5

より以前の記事一覧