CD・レコード

2018年8月14日 (火)

断捨離 (3)      ジャズのCD・レコード・ジャズ本

今回、特にジャズ関係の処分は大変悩んだ。
しかし、50年間も楽しませてくれたので、欲を捨てて
処分に踏み切った。

どうしても手放せない300枚ほどは残した。
少なくなった分、以前より同じCDを繰り返し聴くようになり
良かった。  

しかし、毎月、新譜や未発表が世界中から出るので、
枚数は減ったが買い続けている。・・・これはもう病気です。

2018/5/28撮影    処分前に少しまとめた。 この他に棚が二つ。
Conv0001_2

ディスクユニオンのジャズ担当が来てくれて、20箱に詰めてくれ、
ヤマトで会社に送ってくれた。

Conv0002_2

1枚1枚査定価格を付けるので大変な作業で今回は75ページにもなった。
入金までに1ヵ月掛った。  ありがとう御座いました。

ジャズは流行がないので意外と高価になる。
過去大量処分を何度もしているがCDは平均して500円前後になる。
人気のある廃盤やオリジナルレコードは何万、何十万になる。

今回の品物も数か月後にはCDの中古品(1000~1500円位)として店頭の棚に並び
次のジャズファンの手に渡るでしょう。

ですから買うばかりでなく、聴き飽きたら処分するのも、
世中のお役になっているわけです。


Conv0002

CDの買い取り査定の一例  CDも人気で廃盤の物は高価です。
ここまで丁寧に査定できるのは相当のジャズ通の担当者です。 
内容に納得です。ディスクユニオンさんは50年の付き合いですが
正直で信用のできる素晴らしい会社です。
Conv0001

レコードの買い取り査定の一例
レコードはジャケットの大きさでも今でも絶大な人気があります。

Conv0002

2018年6月26日 (火)

お気に入りのジャズのCD (2)   

ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)
の完全未発表スタジオ録音が、録音から55年を経て奇跡の発掘!された。
早く聴きたいが、まだ入荷されていないようだ。


最近買った、お気に入りの10枚  (このほとんどの演奏者はYouTubeで観られる)

鬼才セロニアス・モンク、1971年のソロとトリオのスタジオ録音。
汗だくの背広が凄い。撮影はジャズ・フォトグラファーとしても高名な中平穂積氏。
ジャズファンでない人もユーチューブで観て欲しい。きっと自作の曲や姿に驚くでしょう。
Conv0001_2

今一番好きな歌手メロディ・ガルドー。ヨーロッパの300公演以上から
自ら厳選した曲を収録。ジャケット写真も自ら志願したもので、気合が
入っている。バックの演奏も半端じゃなく凄い。

Conv0002_2

ジャズはこんなジャケットが良いんだ。
Conv0005_2

トランぺッター/シンガー、21歳のアンドレア・モティスがソロ・デビュー!。
彼女のアイドルはサッチモとチェット・ベイカー。ペットよりう歌がいい。
Conv0006_2

ミヤミステー・トリオ。刺激的な演奏ではないが、ジャケットは忘れられない。
Conv0003_2

ピアニスト リサ・ヒルトンによる2管クインテット。カラフルな音符が踊るような
リサのプレイが美しい。大胆なジャケットが凄い、
Conv0004_2


これぞ哀愁ジャズの決定盤!ダスコ・ゴイコヴィッチ絶頂期の名作。
ジャケットが素晴らしい。

Conv0001_2

久々にキース・ジャレットを買ったが、これは彼の最高傑作じゃなかろうか・・?
ピアノソロが多かったが、やはりこのようなトリオ演奏が好きだ。
Conv0009_2

こんな妖艶なジャケットはそうは無い。
Conv0008_2

名ドラマー、グラディ・テイトのヴォーカルは本当にうまい。
ジャケットはタイトル「ドリーム・ラヴ」にピッタリ。
Conv0010

2018年6月25日 (月)

お気に入りのジャズのCD   

毎月40枚位は買っていたCDは最近半分ぐらいに減ってしまった。

音楽の感受性が衰えてきたのだろうか・・? まだまだ頑張って聴かないと・・

最近買ったCD10枚  (このほとんどの演奏者はYouTubeで観られる)



まずジャケットが素晴らしい。それに歌がうまく、名曲「summertime」がいい。
Conv0001

ジャズらしい色合いのジャケット。ベースの音が聴こえてくる。
Conv0002

ゴーイン・ホームの1曲で買ったCD
Conv0003

ハスキーな歌声で妖艶な魅力を放つアルゼンチンの女性ジャズ・シンガー。
ジャケットも歌も良し。
Conv0004

鍵盤をアレンジしたデザインが面白い。
Conv0005

怪しいジャケット
Conv0006

ベースのカイル・イ―ストウッドの父は俳優・監督のクリント・イ―ストウッド。
既に通算8 作目となるが、今回もハードバップの良い曲が多く入っている。
Conv0007

女性ジャズ・ベーシスト&ヴォーカリスト、ケイティ・シロウのセカンド。
ジャケットも内容もバッチリ。
Conv0008

アレックス・リール。彼の弟子でもありデンマークの若手ドラマーの代表格、
ステファン・パスボルグとのツインドラム・・これは凄い。
Conv0001

内容よりもシユールなジャケットが気に入った。
Conv0001_4

2017年11月13日 (月)

お気に入りのジャズのCD   久々です。

写真の撮影や加工が忙しくてジャズネタは久しぶりです。
でも写真をやりながら沢山のCDを買い毎晩聴いていました。
記事にする時間はありませんでしたが、これだけは止められません。
もう中毒ですから・・・
デザインと内容の良い10枚を載せました。時間がないのでコメントなしです。

最近買ったCD
Conv0002


Conv0001_2


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009

Conv0010_2

2017年1月 2日 (月)

今年の初CDは火の玉女性ベーシストを聴く

新年初CDは火の出るようなジャズ

暮れに買ったCDの中でダントツに良かったのがこのピアノトリオ。
リーダーは女性ベーシストのジューリア・ヴァレの新作ライブ盤
ピアノのマルコ・メスキーダの段々と盛り上げる演奏は一番の聞きどころ。
さらにヴァレのベースがボンボンと強力なリズムを刻む。
その姿はも~たまらなくカッコいいのだ。 ただこのジャケは頂けない。
Conv0001_3

YOU TUBEでジューリア・ヴァルのカッコいいライブの様子が観れる。
https://youtu.be/7DEDu3lHQ1M

このCDはジャケットは良いが内容はペケだ。
Conv0002_3

2016年12月31日 (土)

お気に入りのジャズのCD  そして最良の年であった。  

今夜は紅白歌合戦とか、幼稚園の学芸会のようになってからは、まったく観なくなった。
人それぞれの年越しの方法があるが、 今夜は徹夜でジャズを聴こう。
12時には近所の寺の除夜の鐘と横浜港に停泊中の一斉の汽笛が聞こえる。
今年を振り返ると家族、旅、写真、釣り、ジャズとすべてが最良の年であった。

残念だったこともある。体調が悪かったこと。これは歳だから容認しょう。
年末宝くじ10億円は買いそびれたが、これも当たる確率から言って残念がる
ほどではない。
大体思い通りの一年でもあったことに感謝感謝。

2016/12月購入

最近買ったこの10枚も愛聴盤になりつつある。

女性シンガー/トランペッター、ブリア・スコンバーグの作品。
こんな上手い女性のトランペッターがいたとは知らなかった。.
ボーカルよりペットの方が良い。ジャケ買いで大当たりだった一枚。
Conv0001_4


Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_4


Conv0005_4


Conv0006_5


Conv0007_2


Conv0008_2


Conv0009_2


Conv0010_2

2016年12月30日 (金)

お気に入りのジャズのCD

今年もあと二日間、 やはり二日間はジャズをたっぷり聴きたい。

今年買ったCDを整理して、気になるものを一枚でも多く聴いてみよう。



2016/11-12月購入

これはダリの作品「燃えるキリン」のパロディだが、よくできている。
キリンが虹に変わっている。本当にこのジャケットには驚いた。
内容は意に反して、バリバリのハードバップで聴きやすい。
Conv0001

はじめは誰の写真だか分らなかったが、よく見るとダリと写真家のマン・レイの若い頃の
写真だった。好きなトランペッターのデイヴ・ダグラスの作品である。
フリージャズのジョン・ゾーンのマサダで活躍した彼らしいジャケットだ。
Conv0002
以下8枚はジャケットも内容も素晴らしい。

Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年10月27日 (木)

お気に入りのジャズのCD    トランペットが好き

久しぶりに素晴らしいトランペットのCDを聴きました。
イタリア系アメリカ人の「ドミニコ・ファリナッチ」です。
13年前の19歳でデビューアルバムを出していますが
今回の新譜はコントロールの凄く効いた、ふくよかなトーンで
今まででにないストーリーを感じさせる好アルバムになっています。
買って二か月で50回以上は聴いたでしょうか・・

2016/7-10月購入
Conv0001_3

下記の6枚はバラードが中心ですが彼のペットは安心して聴いていられる。
Conv0002_3


Conv0003_3


Conv0004_4


Conv0005_3


Conv0006_3


Conv0007_3

ちょっと珍しいレコード 作曲家ガーシュウインの「ポギーとベス」のジャケットの
ポケットに本物の赤いハンカチが入っています。
Conv0008_3
Conv0009_2

バナナ・ボートで有名なハリー・ベラフォンテがブルースを歌っているが
実にうまい。  これが珍品ジヤケットで黒い額縁が付いている(レコード)。
Conv0001

豪華CDジャケット3枚  彫金と同じように、紙の裏から立体になるように
紙を押し出して、その表の盛り上がった柄は金色に。 内容は超難解なフリージャズ。
Conv0010
Conv0011
Conv0012

2016年10月23日 (日)

お気に入りのジャズのCD

2016/7-10月購入
Conv0001_2


Conv0002


Conv0003


Conv0004


Conv0005


Conv0006


Conv0007


Conv0008


Conv0009


Conv0010

2016年10月22日 (土)

お気に入りのジャズのCD  

ジャケットと内容の良いCD


2016/7月-10月購入     お色気ジャケット
Conv0003_3

開くと全身のお姿が  レコード仕様のCD
Conv0004_3

エリック・ドルフィーの横顔が何とも言えない。彼の音色のように凄みがある。
Conv0006_2

ニーナ・シモンの娘さんだけにジャケットとも自由だ。
Conv0005_3


Conv0008_2

途中でジャケットが変わってしまったが、初期のこれが好きだ。
Conv0007_2


Conv0009_4

今回売った貴重なレコードの一例
ジョン・コルトレーンの「COSMIC MUSIC」
これは一般に発売されたインパルス盤  1965-66録音
Conv0001

上記のオリジナル盤で自ら作ったコルトレーンレコードのもの
買取価格2万円    ジャケットはコルトレーンのスケッチです。
Conv0002

これはセカンドプレスで買い取り価格は1万円
多分お店の売値はこの何倍にもなるでしょう。
2枚とも貴重な作品ですが、また次のコレクターに渡れば本望です。
Conv0003_3

より以前の記事一覧